ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-11 13:48:37
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年08月29日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】別れの谷 消えゆくこの地のすべての簡易駅へ(イム・チョル著/朴垠貞 小長井涼 訳】
過去にとらわれた人、忘却を拒否する人… 心のひだに埋もれた記憶の数々を発掘する

 別於谷―「別れの谷」という哀しい名前を持つ山あいの鈍行列車の簡易駅。駅舎はどんぐりの殻に似た小さな建物だ。高速鉄道の開通により消えてしまった簡易駅がいくつもあり、別於谷駅もその一つである。
1970年代までは行き来する人が大勢いた。故郷を離れていく人、それを見送る人たち。
「わたしのことを記憶しつづけていてください」―別於谷駅を訪れた著者が、夢の中で聞いた言葉だ。目が覚めてそれは駅が話しかけてきたのだと悟り、そこを舞台とした本書が生まれた。
二人の男と二人の女のエピソードが綴られる本作品は、じつは別於谷駅が主人公なのである。
著者は、81年ソウル新聞の懸賞小説に応募、短編「犬どろぼう」が入選し文壇デビューを果たした。短編・長編ともに評価が高く、本作でも大山文学賞に輝いた。
時代の流れとともに忘れられていく人々の悲しみを、歴史的事件を絡めながら表現していく作家で、叙情的な文体に定評がある。本作品でも著者の世界観を存分に味わってほしい。
三一書房刊
定価=2000円(税別)

2018-08-29 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
太極旗集会に日本からも
韓国内戦、左・右の大激突
【BOOK】北朝鮮がつくった韓国大統...
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません