ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-11 13:48:37
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年08月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国文化院で「金榮澤ペン画展」21日まで 秀林文化財団と共催
極細のペンが紡ぎだす 美しい世界の古建造物

金榮澤氏

 韓国文化院は、財団法人秀林文化財団と共同で「金榮澤ペン画展」を韓国文化院1階のギャラリーMIで開催している。
金榮澤氏は、世界の古建造物を極細のペンで表現する画家。
同氏は、ペン画は芸術として、写真ではけっして表せないものが残せると話す。

「同じものを見ても、カメラのレンズ越しで見るものと人間の目が見ているものは違います。写真はレンズに写った全てをそのまま焼きつけますが、人間の目は何かにフォーカスを合わせて、そこが記憶に残るものです。人間の視覚に合わせた表現方法です」
言葉通り、金氏のペン画には写真では感じられない、人が直接さまざまな風景を見て感じたような感覚がそのまま生きている。
「外観だけを見えるまま表現しては、記録画とは呼べません。組み立てを理解し、自分の頭の中で内部から作り上げてから描くことで、その建物の真の美しさを表現できるのです」
同展は、7月26日から8月21日まで開催している。

2018-08-15 16面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
太極旗集会に日本からも
韓国内戦、左・右の大激突
【BOOK】北朝鮮がつくった韓国大統...
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません