ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-21 09:12:30
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年08月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
仁川港にグラフィック出現
巨大な本が並ぶ

 仁川港に、大型書籍十数冊が立ち並ぶスーパーグラフィックが出現、大きな注目を集めている。
港湾に船で運び込まれるトウモロコシ、豆、小麦などの穀物を貯蔵するサイロ(円筒状の倉庫)の外壁に本の背表紙が描かれ、まるで何冊もの巨大な本が立て並べられているように見える。
20階建てのビルに相当する高さ48メートル、周囲500メートル以上という超巨大なグラフィック造形物だ。
一人の少年が本と穀物を通して成長していく姿を描き、仁川港と市民が一緒に発展していくという意味が込められているという。
仁川港湾公社副社長のホン・ギョンソン氏は「『世界で一番大きな本の造形物』としてギネスブックに事前に問い合わせたところ、非常に可能性は高いという返事を受けた」とし、正式に申請することを決めた。「年内には記録証書を受け取ることができるだろう」とコメントしている。

2018-08-15 14面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
米のファーウェイ排除に同調せず
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません