ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-21 09:12:30
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年08月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
猛暑乗り切る カンタン家庭料理~食欲増進、疲労回復、夏バテ防止~前編
料理研究家・金妍貞さん

 2018年の夏は梅雨明けから猛烈な暑さとなった。日本各地で最高気温を更新し、熱中症で搬送される人も後を絶たない状態だ。日本のみならず、韓国や世界各地でも異常な高温が続いている。連日の暑さで疲労がたまり、食欲がわかない人、手の込んだ料理を作る気になれないという人も多いのではないだろうか。そこでお勧めしたいのが韓国家庭料理だ。使う食材は、栄養価を豊富に含んでおり、また家庭で簡単に作れる料理も多い。ここでは、2人の料理研究家が夏を乗り切るためのレシピを紹介する。

◆金妍貞さん

 1品目は、「タッカンマリ」。サムゲタンと似ていますが、漢方の香りは控えめで水炊きのような爽やかな味が特徴です。丸鶏の栄養と、ビタミン豊富なニラとにんにくを効かせたタデギのパワーで力をつけましょう。鶏を食べ終えた後は、スープにカルグクスとタデギを加えて辛い鳥スープうどんにするのも別の楽しみといえるでしょう。
2品目は、「冷やしチャンポン」です。韓国では中華料理の中でジャジャン麺と並ぶ人気を誇ります。海鮮の旨みとキレの良い辛さが人気の決め手で、韓国ならではの中華麺です。冷やしチャンポンはミネラルたっぷりの海鮮の旨みが染み込んでおり、火照った体を冷ましながらスタミナをつけてくれるありがたい麺料理です。

 

【タッカンマリ】

■材料(4人前)
鶏肉…1羽
じゃがいも…大1個
長ねぎ…1/2本
ニラ…1/2束
トッポッキ…8本
にんにく…5かけ
粒こしょう…15粒
しょう油・酢・和辛子…適量
■だし汁
水…2500ミリリットル
昆布…15グラム
玉ねぎ…1個
にんにく…4かけ
しょうが…1かけ
塩…小さじ1
■タデギ(味付け)
唐辛子粉…大さじ1
みりん…大さじ1/2
しょう油…小さじ2
コチュジャン…小さじ1
刻みねぎ…小さじ1
■作り方
(1)鶏肉を大きめの鍋に入れ、水をひたひたに入れる。にんにく、粒こしょうを加え、蓋をして強火から弱火にして10分ほど下ゆでした後に鶏肉を取り出す。
(2)鍋に(1)の鶏肉の身とだし汁の材料を入れ、蓋をして40分ほど煮込む。
(3)じゃがいもは2センチ厚の輪切り、長ねぎは6センチの細切り、ニラは6センチの長さに切る。
(4)タデギの材料を混ぜ合わせておく。
(5)(2)の鶏肉以外の具を取り出し、じゃがいも、長ねぎ、ニラ、トッポッキを加える。じゃがいもが柔らかくなったら、鶏肉を食べやすい大きさにはさみで切る。
(6)しょう油と酢を1対1で混ぜ、(4)のタデギと辛子を入れたタレをつけて食べる。

 

【冷やしチャンポン】

■材料(2人前)
中華麺…200グラム
イカ…1ぱい
エビ…中サイズ4個
あさり…150グラム
玉ねぎ…80グラム
きゅうり…1/2本
カイワレ大根…少々
煎りゴマ…適宜
■味付け
粉唐辛子…大さじ3
サラダ油…大さじ2
しょう油…大さじ1
オイスターソース…大さじ1
みりん…大さじ1
塩…小さじ1
こしょう…少々
水…600ミリリットル
■作り方
(1)イカは食べやすくカットし、エビは背ワタを取り、あさりは砂抜きをしておく。
(2)水550ミリリットルを入れた鍋に、あさり、エビ、イカを入れて出し汁を作る。
(3)だし汁と海鮮を分ける。エビは皮を剥き、あさりは身を取り出しておく。
(4)油を引いたフライパンに唐辛子粉と玉ねぎを入れ、中火から弱火で2、3分じっくり炒める。
(5)(4)の中に出し汁と味付けを加えて5分ほど沸かし、完成したスープを冷やしておく。
(6)麺をゆでて盛りつけ、冷やしたスープを注ぐ。千切りきゅうり、海鮮、カイワレ大根、煎りゴマを散らして完成。

 

【えごまの葉の酢じょう油漬け】

■材料(2人前)
えごまの葉…200枚
青とうがらし…5本
■味付け
しょう油…200ミリリットル
酢…150ミリリットル
煮干しだし汁または水…150ミリリットル
砂糖…80~100グラム
■作り方
(1)えごまの葉は洗って水気を切っておく。
(2)プラスチック製保存容器、またはガラス瓶にえごまの葉と青唐辛子を隙間なく詰める。
(3)味付けの材料をすべて鍋に入れて沸かし、熱いまま(2)の瓶に注ぐ。
(4)えごまの葉が上に浮かばないよう、重しを乗せてから蓋をし、2日間冷蔵庫で寝かせる。
(5)3日目に(4)の汁のみを再び鍋に移して沸かし、2回目は冷ましてからえごまの葉に注ぐ。
(6)1週間後にえごまの葉が茶色に変わったら食べごろ。
■ワンポイントアドバイス
・玉ねぎやにんにくの芽と一緒に漬けるのもおすすめ。
・青とうがらしがない時は鷹の爪で代用してもOK。

 金妍貞/京機道富川出身。韓国料理研究家。素材の味を生かした本場のレシピが好評。

2018-08-15 9面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
米のファーウェイ排除に同調せず
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません