ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-21 09:12:30
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年07月31日 04:48
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「大きな過ちで責任重い」―正義党代表 魯会燦議員―
韓国野党「正義党」の院内代表・魯会燦は23日、ソウル市のマンションから飛び降りて自ら命を絶った。魯議員はネット記事のコメントを意図的に操作したとされる「ドルキング」(共に民主党党員キム・ドンウォン容疑者)関連の事件で、側近弁護士から違法な政治資金を受け取った容疑がかけられていたが、遺書には「実に愚かな選択であり、恥ずかしい判断だった。大きな過ちで責任が重い」とあった。

「軍事演習を直ちに再開すべき」―共和党 リンゼイ・グラム上院議員―
2016年の共和党大統領候補予備選でトランプ氏の対抗馬であり、現在は大統領側近を務めている共和党のリンゼイ・グラム上院議員は、CBSテレビのインタビューで、トランプ大統領は北韓にだまされており「(韓米合同)軍事演習を直ちに再開すべき」と主張した。6・12米朝首脳会談後、40日が過ぎたにもかかわらず北韓による非核化の後続措置が足踏み状態に陥っており、トランプ陣営でも米朝交渉懐疑論が大きくなっている。

2018-07-31 6面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
米のファーウェイ排除に同調せず
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません