ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年07月31日 04:31
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「日韓交流まつりin富山」全国から1000人が参加

ソン・シギョンさん(中央)と参加者

 民団富山本部は15日、富山市のオーバードホールで、同本部3回目の主催となる「日韓交流芸能まつりin富山」を開いた。全国から約1000人が来場した。
同イベントには、韓国の国民的バラード歌手、ソン・シギョンさんが出演することでファンの間では早くから話題となっていた。東京、秋田、兵庫など、県外からも民団に多くの問い合わせがあったほか、当日も日本各地からファンが来場し、会場は終始歓声に包まれた。また、地元で人気の長岡すみ子さんやTomomiさんなどの歌手も出演したほか、富山県で活動する日本人で構成されたサムルノリチーム「サラマレクム」が躍動感のある舞台を演出した。
本企画の開催について、金仁・同本部団長は「当本部の活動を、日本の方々や同胞に知ってもらえる良い機会になった。ソン・シギョンさんは趣旨を理解し、富山まで来て下さった。とても光栄なことだ。観客の皆さんに喜んでもらえたことはもちろん、若い新規定住者の方が民団のために何かお手伝いしたいと仰ってくれた。これからの民団活動に希望が見えた」と語り、まつりの成功に安堵した様子を見せた。
会場ではまた、富山―ソウル間の往復航空券が当たる抽選会なども開かれた。
この日来場した観客は「素敵なステージを企画して下さり、感謝している」「韓国文化を身近に感じることができた」などと感想を述べた。

2018-07-31 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません