ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年07月31日 04:02
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 今年で韓国は、建国70年を迎える。1948年を生きた韓国人が、2018年の韓国を見たらどう思うだろうか。想像してみたい▼1948年当時に20歳だった青年は、今は90歳。生きて韓国の変化を見てきた人ならば、この70年の変化を、人生の一部として自然なことと捉えているかもしれない。だが、逆に今90歳の老人が70年前の自分に、現在の韓国のことを語ったら、果たして信じてもらえるだろうか▼韓国は、世界有数の発展を遂げた。一部の分野では、世界をリードする企業もある。各国の援助を受けていた当時の韓国人に、そんな話をしたら笑われるだろう▼アジアを中心に、韓国の歌やダンス、ドラマが大人気だと伝えたらどういう反応を見せるか。歌詞には英語が交じり、アップテンポのダンスが人気だと話しても、イメージすら湧くまい▼一方、大学を出たのに働き口がない若者が多数いることを知ったら腰を抜かすだろう。7、8人兄弟の家庭も珍しくなかった時代の人が、今の少子化の実態を知ったら、この70年の間に何があったのかと言うに違いない▼韓半島がまだ統一されていない状況はどうか。北韓の方が経済的に発展し、軍事力も強かった70年前の人は、赤化統一されていないのは幸いと思うかもしれない。しかし、今や韓国側さえその意を固めれば、統一は不可能な夢ではない▼この70年で韓国は大きく変わった。今を生きる若者たちが老境にさしかかった時、肯定的な大変革が韓国に起きていることを祈りたい。

2018-07-31 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません