ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年07月19日 06:52
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
サウナで死亡の8割が飲酒

 飲酒後、酔い覚ましのためのサウナやチンジルバンの利用は危険だということが研究結果からも明らかになった。ソウル大医学部法医学教室の劉ソンホ教授チームは5日、2008年~15年の間にサウナまたはチンジルバンで亡くなった26~86歳の103人を対象に分析を行った結果を発表した。男性88人(85・4%)、女性15人(14・6%)、平均年齢55歳。
研究結果によると、103人中81人(78・6%)の血液中から過度のアルコールが検出された。81人の平均アルコール濃度は0・17%で、これは泥酔状態のアルコール濃度0・1%を超えている。また、彼らのほとんどは飲酒後3~6時間内にサウナに入っている。
死因については、13人が事故死、82人(79・6%)が自然死、残りの8人は明らかになっていない。事故死中9人は高体温症、4人は急性アルコール中毒だ。
自然死の40人は急性心筋梗塞を始めとする虚血性心疾患で、38人はほかの心臓疾患だった。また死亡時の姿勢で一番多かったのがあおむけに寝転んだ状態で50人(48・6%)、次がうつぶせで37人(35・9%)、横向きに寝転んだ姿勢が10人(9・7%)、座った姿勢が6人(5・8%)だった。血中アルコール濃度が0・08%以上の死亡者は、うつぶせ姿勢で呼吸困難に陥ったケースが圧倒的に多い。

2018-07-19 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません