ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年07月19日 06:51
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
出生率0%台に突入?
根本対策なく超高齢化社会懸念

 韓国は儒教の影響が強いことから、跡継ぎの男子が生まれるまで子どもを作り続ける家が多く、以前は人口増加が問題だった。しかし2000年代に入り急速に出生率が低下、ついに0%台に突入する可能性まで指摘され始めた。

 大統領直属の低出産・高齢社会委員会は5日、本会議で「今年の新生児は約32万人で、出生率は1・0を下回る見込みだ」と明らかにした。
これは、過去最低の約36万人を記録し、出生率が1・05となった昨年より低い水準。
また、低出産・高齢社会委員会は「2022年に至るまでに新生児が20万人台に落ち込むと憂慮している」とコメントした。 
合計特殊出生率(女性1人が一生涯に産むと予想される出生児の平均数)が1・0を割った場合、韓国は世界で唯一の出生率0人台の国となる。
国際連合人口基金(UNFPA)の報告書によれば、昨年調査対象の198カ国中で出生率が1・0以下の国はない。今まで出生率が1・0以下の国・地域もあるにはあった。シンガポール、台湾、香港などだが、これらの国は比較的人口が少なく、また現在では出生率1・2~1・3台を維持している。
高齢化が著しいと言われる日本の出生率が1・43(17年)であることを考えると、韓国の出生率の低下は例を見ないものであると考えられる。
政府は長時間労働や住居問題解消のため、満6歳以下の児童がいる親には賃金削減なしに勤務時間を1日1時間、最大2年間減らす案や、22年までに新婚夫婦及び若年層を対象に、合計163万戸の住居支援を行うなどの対策案を発表した。
しかし既存制度の範囲や金額を拡大・補完した案でしかなく、根本的な対策はいまだなされていないという指摘もある。
低出産・高齢社会委員のイ・チャンジュン企画調整官は「出生児数の減少があまりにも速く、これを緩和する短期的対策に重点を置いた」と根本的解決案ではないことを認めた。
委員会内部でも、「具体的な対策に乏しく変化はなかった」という声が出ている。

2018-07-19 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません