ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-02-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 芸能・スポーツ
2018年07月19日 06:38
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
イチロー超えた秋信守 今季オールスターにも初選抜
MLB連続出塁 現役新記録の51試合 現在も更新中

 日本を代表する野球選手、イチローと松井秀喜の記録を塗り替えた野球選手が現れた。米メジャーリーグ(MLB)テキサスレンジャーズの秋信守(36)だ。秋信守は、イチローと松井がMLBで築いた連続試合出塁記録(43試合)と通算ホームラン記録(175本)を、それぞれ51試合、186本へと更新した。今シーズンのアジア系選手のうち、秋は唯一MLBオールスターに選抜された。秋の快進撃は現在も続いている。 (ソウル=李民晧)

 秋信守は16日(韓国時間)、米国メリーランド州カムデン・ヤーズで開かれたメジャーリーグ(MLB)ボルティモアオリオールズとのアウェー戦に1番打者として出場。1回表の初打席でフォアボールを選び出塁した。秋信守はこれにより、個人最長連続出塁記録が51試合に達した。伝説の米プロ野球選手、ベーブ・ルース(ニューヨークヤンキース)が1923年に打ち立てた当時の個人最長連続出塁記録に並んだのだ。 
5月14日に始まった秋信守の出塁記録更新は、今もとどまるところを知らない。出塁記録におけるアジア出身選手の最長記録(イチロー、43試合)、テキサス球団単一シーズン記録(フリオ・フランコ、46試合)、現役MLB選手記録(アルバート・プホルス、ジョーイ・ボット、各48試合)を全て超えた。出塁のMLB最長記録は1949年、テッド・ウィリアムズがボストンレッドソックス所属時に樹立した84試合だ。
2005年4月、シアトルマリナーズでデビューした秋信守は、所属チームもポジション(右投左打)もイチローと同じだった。韓国人初の野手としてビッグリーグの舞台を踏んだものの、当代のスター、イチローに押され、出場の機会を得ることは難しかった。万年ベンチを温めていた秋信守はクリーブランドに移籍。09年にアジア選手初の3割打率・20ホームラン・20盗塁を達成し、頭角を現した。シンシナティで13年シーズンを終えた後、FA資格を得た秋信守は、テキサスと7年1億3000万ドルという大型契約を結んだ。
秋信守の野球スタイルは独特だ。通算打率2割7分9厘という数字が示す通り、華々しさとは縁遠い。各種データでもトップと呼ぶには無理がある。ホームランと盗塁においても、同等のキャリア選手の平均値よりは多いが、突出しているとは言い難い。しかし、確実に秀でたものがある。出塁率だ。通算出塁率は3割8分(イチローは3割5分5厘)、18シーズンではアメリカンリーグ№3の4割5厘を記録している。
安打もフォアボールも、とにかく生かすタイプだ。秋のニックネームは、汽車の汽笛音を表す「チューチュートレイン」と「出塁マシーン」だ。現在進行形の51試合連続出塁という数字は、華やかさはないものの粘り強さを証明しているといえる。今シーズンに入り、秋信守は他のデータでも上位に入っている。アメリカンリーグで出塁率(4割5厘)とフォアボール(62回)が共に3位、OPS(9割1分1厘)と打率(2割9分3厘)、得点(54点)、ホームラン(18本)はそれぞれ9位、17位、18位、20位にランクインしている。これらの活躍により、彼は今シーズンのアジア系選手として唯一、韓国人野手初となるMLBオールスターに選ばれ、18日にワシントンで開かれたオールスター戦に出場した。
秋信守は1982年、釜山に生まれた。元ソフトバンクホークスの李大浩とは、小学校の同級生としても有名だ。米国進出時は150キロ台を投げる左腕ピッチャーだった。その後バッターに転身し、MLBの主力選手の仲間入りを果たした。
今年、秋信守が日本選手を超えた記録はまだある。ホームランの数だ。現在186本で、松井秀喜(元ニューヨークヤンキース)の175本を超えた。MLBのアジア選手では最多ホームランだ。下半期の連続出塁記録がどこまで更新されるか注目が集まる中、上半期だけで18本のホームランを打った秋選手が、松井のシーズン最多記録31本を超えることはできるのか。下半期の観戦は見どころが豊富になりそうだ。

2018-07-19 3面
뉴스스크랩하기
芸能・スポーツセクション一覧へ
文政権の「脱原発」は、韓国の核能力抹...
韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
四面楚歌の文在寅青瓦台
ひんしゅく買う与党議員らによる「積弊」問題
次期大統領候補が相次いで拘束
ブログ記事
韓国の太極旗部隊のソウル都心進軍(「韓米同盟守護」、「文在寅を断頭台へ」などを叫ぶ光景)
セヌリ党が都泰佑代表体制に
反日種族主義を打破しよう
『韓国壊乱』のあとがき
「国連軍司令部」強化動向
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません