ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-02-20 18:49:12
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年07月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大阪地震被害状況 建物の一部倒壊など

 大阪府高槻市付近を震源地とする直下型の大阪北部地震が6月18日午前8時頃に発生し、大阪市北区、高槻市、枚方市、茨木市、箕面市などは震度6弱の大きな揺れがあった。阪神・淡路大震災(1995年)を思い出すなど恐怖を感じた人も多く、大阪府下全体で死者5人、負傷者400人以上、家屋一部倒壊多数などの被害が発生した。在日同胞にも少なからず被害が出ているが、人的被害はなかった。7月5、6日には豪雨に見舞われ、天災が重なっている。
被害に見舞われた地にある民団支部は、状況の把握に努めているが、大雨被害についても、電話で安否を確認するなどしている。
高槻支部では、ガスが止まり、3日間ほど苦労したという家庭も多かったが、家屋の一部倒壊は多くはなかったとしている。
茨木支部では、かなり大きな家屋の一部倒壊が3軒ほどあり、食器棚が倒れるなどの被害が多数にのぼったということだった。ガスが止まり、困った人も多かったと話している。
吹田支部は、家の中の物が落ちたぐらいで、大きな被害の報告は受けていないという。
北河内支部では、外壁が崩れた家が1軒、大きなヒビが入った家が4軒、あとは軽微なヒビが20軒ほどあったという。
こうした被害に対し、駐大阪総領事館や民団大阪本部も被害状況の把握に努め、被害者を慰問している。

2018-07-11 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
四面楚歌の文在寅青瓦台
次期大統領候補が相次いで拘束
民団主導で韓国政府に働きかけを
不正と非を隠すための聖域か
ブログ記事
まもなく春が来る
精神論〔1758年〕 第三部 第9章 情念の起原について
金正恩と文在寅打倒を訴えた日韓の有志たち(2月17日の午後、東京十条駅前)
救国の国民抵抗に在日同抱も参与せよ!
韓国の太極旗部隊のソウル都心進軍(「韓米同盟守護」、「文在寅を断頭台へ」などを叫ぶ光景)
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません