ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-11 13:48:37
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年07月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大阪地震被害状況 建物の一部倒壊など

 大阪府高槻市付近を震源地とする直下型の大阪北部地震が6月18日午前8時頃に発生し、大阪市北区、高槻市、枚方市、茨木市、箕面市などは震度6弱の大きな揺れがあった。阪神・淡路大震災(1995年)を思い出すなど恐怖を感じた人も多く、大阪府下全体で死者5人、負傷者400人以上、家屋一部倒壊多数などの被害が発生した。在日同胞にも少なからず被害が出ているが、人的被害はなかった。7月5、6日には豪雨に見舞われ、天災が重なっている。
被害に見舞われた地にある民団支部は、状況の把握に努めているが、大雨被害についても、電話で安否を確認するなどしている。
高槻支部では、ガスが止まり、3日間ほど苦労したという家庭も多かったが、家屋の一部倒壊は多くはなかったとしている。
茨木支部では、かなり大きな家屋の一部倒壊が3軒ほどあり、食器棚が倒れるなどの被害が多数にのぼったということだった。ガスが止まり、困った人も多かったと話している。
吹田支部は、家の中の物が落ちたぐらいで、大きな被害の報告は受けていないという。
北河内支部では、外壁が崩れた家が1軒、大きなヒビが入った家が4軒、あとは軽微なヒビが20軒ほどあったという。
こうした被害に対し、駐大阪総領事館や民団大阪本部も被害状況の把握に努め、被害者を慰問している。

2018-07-11 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
太極旗集会に日本からも
韓国内戦、左・右の大激突
【BOOK】北朝鮮がつくった韓国大統...
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません