ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-02-20 18:49:12
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年07月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
アジア経済短信

中国・深圳 自由貿易港の建設計画
中国・深圳市はこのほど、「深圳港の発展加速に関する若干の意見」を発表し、2020年までに自由貿易港の建設を目指すことを明らかにした。環境への配慮と、スマート化されたグローバルハブ港を目的としている。香港港との連携強化については、深圳市と香港の高速通関モデルを築き、香港港との物流サービスの一体化を図る。また、港湾関連政策や基準の連携と、貨物・サービス貿易、海運サービス、対外投資などでも緊密な連携を図るとしている。また、今後は広東、香港、マカオグレートベイエリア計画に基づき、広東省内の他都市とも連携を強化する見通し。

韓国 スマホアプリの出前市場拡大
韓国統計庁は4日、ネット通販の動向報告書を発表し、スマートフォンのアプリなどで料理を配達する飲食サービス分野のオンライン取引額が前年同期比70・2%急増したことを明らかにした。取引額は5月が3949億ウォン(約390億円)で、今年1月から5月までの期間は毎月、前年比70%以上の成長を続けていることも分かった。出前の注文と決済は、ほとんどがスマホなどのモバイル機器で行われており、全体の90%以上を占めている。統計庁はこれに対し「手軽に出前を頼めるアプリが多数登場している。ネット注文の利便性が高まったことから利用客が増加している」と説明した。

台湾の第4原発 核燃料搬出で稼働停止
台湾電力は4日、建設を凍結している台湾第4原子力発電所から燃料棒80本を搬出した。これにより第4原発は今後も稼働しないことになる。第4原発は1980年に建設計画が浮上。安全性などが長く問題視されてきたが、2011年の福島第1原発の事故を契機に、台湾では原発の建設中止を求める声が高まっていた。16年5月に発足した蔡英文政権は、脱原発を積極的に推進し、25年までに原発の運転を停止する内容の法案が昨年1月に立法院(国会)で可決された。搬出された燃料は、製造元である米国に輸送される見込み。今年9月にはさらに120本が輸送される予定。

2018-07-11 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
四面楚歌の文在寅青瓦台
次期大統領候補が相次いで拘束
民団主導で韓国政府に働きかけを
不正と非を隠すための聖域か
ブログ記事
まもなく春が来る
精神論〔1758年〕 第三部 第9章 情念の起原について
金正恩と文在寅打倒を訴えた日韓の有志たち(2月17日の午後、東京十条駅前)
救国の国民抵抗に在日同抱も参与せよ!
韓国の太極旗部隊のソウル都心進軍(「韓米同盟守護」、「文在寅を断頭台へ」などを叫ぶ光景)
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません