ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-02-20 18:49:12
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年07月04日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今宵も徒然 韓ドラBOX ―新連載「名もなき英雄<ヒーロー>」
パク・シフの復帰作

©CJ E&M Corporation, all rights reserved.

 俳優、パク・シフにとって約3年ぶりとなる復帰作。後輩の死の真相を暴くため、情報局のOBが集まるバーのオーナーとなり、復讐の機会を狙う元諜報員役を好演。やがて、ひょんなことから悪と戦う「影のヒーロー」として活躍し、後に引けなくなる。スリリングな展開の中にしばしば挿入されたコミカルなシーンも、良いスパイスとなっている。
キャストには、若手有力株のイ・スヒョクと少女時代のユリを起用。実力派ぞろいのメンバーがドラマに華を添えている。
演出では、マカオでの大規模ロケを行い、迫力ある映像が楽しめる。映画さながらのカーチェイスも。
◆ストーリー
韓国の諜報機関である中央情報局のペク・シユンは、仲間のジヌやソアンとともに、韓国の銀行を買収しようとしていたベイスター香港の実態を暴くため、マカオで作戦を決行する。
しかし、すんでのところで作戦は失敗し、ジヌが殺されてしまう。その責任をとり、シユンは刑務所に収監される。
3年後、ついに出所の日が訪れる。シユンは事件の謎を解くべく、多くの諜報員が集まる「Bar隣人」に向かうが、店長のファンは店を売り払おうとしていた。シユンは店を買い取り、オーナーとして復讐の機会を待つが…。
◆放送予定
7月15日(日)スタート。午前10時30分~12時、女性チャンネル♪LaLa TVで。全16話。

2018-07-04 5面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
四面楚歌の文在寅青瓦台
次期大統領候補が相次いで拘束
民団主導で韓国政府に働きかけを
不正と非を隠すための聖域か
ブログ記事
まもなく春が来る
精神論〔1758年〕 第三部 第9章 情念の起原について
金正恩と文在寅打倒を訴えた日韓の有志たち(2月17日の午後、東京十条駅前)
救国の国民抵抗に在日同抱も参与せよ!
韓国の太極旗部隊のソウル都心進軍(「韓米同盟守護」、「文在寅を断頭台へ」などを叫ぶ光景)
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません