ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-11 13:48:37
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年07月04日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今宵も徒然 韓ドラBOX ―新連載「名もなき英雄<ヒーロー>」
パク・シフの復帰作

©CJ E&M Corporation, all rights reserved.

 俳優、パク・シフにとって約3年ぶりとなる復帰作。後輩の死の真相を暴くため、情報局のOBが集まるバーのオーナーとなり、復讐の機会を狙う元諜報員役を好演。やがて、ひょんなことから悪と戦う「影のヒーロー」として活躍し、後に引けなくなる。スリリングな展開の中にしばしば挿入されたコミカルなシーンも、良いスパイスとなっている。
キャストには、若手有力株のイ・スヒョクと少女時代のユリを起用。実力派ぞろいのメンバーがドラマに華を添えている。
演出では、マカオでの大規模ロケを行い、迫力ある映像が楽しめる。映画さながらのカーチェイスも。
◆ストーリー
韓国の諜報機関である中央情報局のペク・シユンは、仲間のジヌやソアンとともに、韓国の銀行を買収しようとしていたベイスター香港の実態を暴くため、マカオで作戦を決行する。
しかし、すんでのところで作戦は失敗し、ジヌが殺されてしまう。その責任をとり、シユンは刑務所に収監される。
3年後、ついに出所の日が訪れる。シユンは事件の謎を解くべく、多くの諜報員が集まる「Bar隣人」に向かうが、店長のファンは店を売り払おうとしていた。シユンは店を買い取り、オーナーとして復讐の機会を待つが…。
◆放送予定
7月15日(日)スタート。午前10時30分~12時、女性チャンネル♪LaLa TVで。全16話。

2018-07-04 5面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
太極旗集会に日本からも
韓国内戦、左・右の大激突
【BOOK】北朝鮮がつくった韓国大統...
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません