ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-14 13:25:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年07月04日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
釜山大に奨学金寄託
慶憲シルバー修了生

3000万ウォンを寄託

 釜山大学生涯教育院傘下の慶憲シルバーアカデミー修了生の集い「慶憲歌唱教室団」は、釜山大学に対し、人材育成のための奨学金3000万ウォンを寄託した。歌唱教室団と慶憲シルバーアカデミーの総同窓会幹部らは6月20日、釜山大学の全虎煥総長を訪問し「人材発掘と育成のため、微力ながらサポートしたい」と述べ、奨学金を贈った。
「慶憲シルバーアカデミー」は2001年、釜山を本籍地とする在日同胞1世の実業家、故金慶憲・洛西建設工業会長の寄託金によって開設された生涯学習課程。これまで全2684人の修了生を輩出した。修了生たちは、慶憲歌唱教室団、慶憲山岳会、総合芸術団、合唱団、歌曲教室などの多彩な団体をつくり、社会奉仕活動を展開している。
「生涯学び、健康に暮らそう。肯定的に生き、共に楽しみながら暮らそう。自分より苦しい立場の人々を助け、奉仕しよう」―修了生たちは、設立者・金慶憲会長のこうした崇高な志を実践している。09年に創立した歌唱教室会員は750人に達する。(ソウル=李民晧)

2018-07-04 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
太極旗集会に日本からも
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
韓国内戦、左・右の大激突
韓・米の対北共助決裂
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません