ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-02-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年07月04日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
釜山大に奨学金寄託
慶憲シルバー修了生

3000万ウォンを寄託

 釜山大学生涯教育院傘下の慶憲シルバーアカデミー修了生の集い「慶憲歌唱教室団」は、釜山大学に対し、人材育成のための奨学金3000万ウォンを寄託した。歌唱教室団と慶憲シルバーアカデミーの総同窓会幹部らは6月20日、釜山大学の全虎煥総長を訪問し「人材発掘と育成のため、微力ながらサポートしたい」と述べ、奨学金を贈った。
「慶憲シルバーアカデミー」は2001年、釜山を本籍地とする在日同胞1世の実業家、故金慶憲・洛西建設工業会長の寄託金によって開設された生涯学習課程。これまで全2684人の修了生を輩出した。修了生たちは、慶憲歌唱教室団、慶憲山岳会、総合芸術団、合唱団、歌曲教室などの多彩な団体をつくり、社会奉仕活動を展開している。
「生涯学び、健康に暮らそう。肯定的に生き、共に楽しみながら暮らそう。自分より苦しい立場の人々を助け、奉仕しよう」―修了生たちは、設立者・金慶憲会長のこうした崇高な志を実践している。09年に創立した歌唱教室会員は750人に達する。(ソウル=李民晧)

2018-07-04 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
文政権の「脱原発」は、韓国の核能力抹...
韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
四面楚歌の文在寅青瓦台
ひんしゅく買う与党議員らによる「積弊」問題
次期大統領候補が相次いで拘束
ブログ記事
韓国の太極旗部隊のソウル都心進軍(「韓米同盟守護」、「文在寅を断頭台へ」などを叫ぶ光景)
セヌリ党が都泰佑代表体制に
反日種族主義を打破しよう
『韓国壊乱』のあとがき
「国連軍司令部」強化動向
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません