ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-07-11 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年07月04日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
民団東京支団長OB会
定例会で左傾化をテーマに講演

講演する洪熒本紙論説主幹
 民団東京支団長OB会(夫昇培会長)は6月23日、東京・中央区の三笠会館で定例会を開いた。民団生活相談センターの金昭夫所長、民団中央本部の韓在銀前監察委員長らを含む約40人が出席した。
定例会では、洪熒・本紙論説主幹が韓国の左傾化などをテーマに講演を行った。
洪氏は、今年4月に行われた南北首脳会談や先月行われた米朝首脳会談を振り返りながら、各会談の注目点や韓半島を取り巻く諸外国の動きについて独自の視点で語った。
洪氏は「韓国は死に体となっている。北東アジアはどこへ向かうのか。反北、反文在寅を訴える動きがあってもメディアは報じない」と述べ、左傾化が進む韓国の現状を指摘した。

2018-07-04 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
日本人の私にとっての朴正煕⑤ 評論家...
米朝首脳会談の「隠れた顔」 
「清算対象」となった韓国の司法府 
Special Interview ...
韓米演習中断 駐韓米軍の戦力弱化へ
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません