ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-14 13:25:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年07月04日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
消費者心理指数 最悪の水準に
米中の貿易紛争や雇用悪化で

 米国と中国の貿易紛争の深化と、国内雇用低迷の影響で消費者心理が1年2カ月ぶりに最悪の水準に達した。 
韓国銀行が6月26日発表した6月の消費者動向調査結果によると、今月の消費者心理指数(CCSI)は105・5ポイントで、1カ月前より2・4ポイント下落、前月比の下落幅としては2016年11月(6・4ポイント)以降、1年7カ月ぶりの低い数値となった。CCSIは消費者の体感景気を示す指標だ。指数が100を超えれば消費者の心理が楽観的であることを、100未満なら悲観的であることを示す。
今回の調査ではCCSIを構成する細部指標が軒並み下落した。現在の景気判断は84、今後の景気展望は96とし、それぞれ5ポイントずつ下落。現在の生活状況は94と1ポイント、生活状況展望は99と3ポイントそれぞれ低下した。消費支出展望は107で1ポイント、住宅価格の展望は98で4ポイント、就業機会の展望は93と雇用低迷の影響で3ポイント、それぞれ下落した。
米国は同15日、中国産製品計1102品目に25%の関税を課すと明らかにし、これに対し中国政府も同等規模の報復関税を発表した。米国は、中国に対する大規模な貿易赤字の改善に乗り出し、中国が反発。両国への輸出に依存している韓国経済にも暗雲が垂れ込め始めている。

2018-07-04 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
太極旗集会に日本からも
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
韓国内戦、左・右の大激突
韓・米の対北共助決裂
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません