ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-02-20 18:49:12
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年07月04日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 ワールドカップのグループステージ最終戦。韓国の相手は、ベスト16に進むためには勝利が絶対条件のドイツ。前大会覇者であり、世界ランク1位。韓国の敗色は、試合前から濃厚だった▼ところが、韓国はそれまでの2戦とは違っていた。圧倒的にボールを支配するのはドイツ。シュートも数え切れないほど浴びた。しかし韓国イレブンは、最後までゴールを割らせなかった▼迎えた後半アディショナルタイム、韓国は先制点を挙げる。それまで泣かされていたビデオ・アシスタント・レフェリーの判断で、いったんはオフサイドとなった判定が覆った。その数分後、韓国はカウンターから2点目をもぎ取った▼1勝2敗。グループステージ敗退。韓国にとって、結果だけ見れば満足のいく大会ではなかった。しかし本気の世界王者相手に快勝を収めたことは、韓国代表にとって大きな財産となろう▼大会前、全敗との予想も少なくなかった。チームの調子も今一つだった。ラフプレーが目立った2戦目までの戦い方も、褒められた内容ではなかった。それでも帰国した彼らを待っていたのは、惜しみない称賛だった▼そんな彼らに、空港で生卵を投げつけた人物がいた。大会中も、ミスを犯した選手だけでなく、選手の家族や対戦相手の企業にも、SNSで一部のファンから誹謗中傷があった▼不満があればどのような手段を使ってもいいという風潮は、いつの間にか韓国では当たり前になっていまいか。前大統領を引きずり下ろしたときがそうだったように…。

2018-07-04 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
四面楚歌の文在寅青瓦台
次期大統領候補が相次いで拘束
民団主導で韓国政府に働きかけを
不正と非を隠すための聖域か
ブログ記事
まもなく春が来る
精神論〔1758年〕 第三部 第9章 情念の起原について
金正恩と文在寅打倒を訴えた日韓の有志たち(2月17日の午後、東京十条駅前)
救国の国民抵抗に在日同抱も参与せよ!
韓国の太極旗部隊のソウル都心進軍(「韓米同盟守護」、「文在寅を断頭台へ」などを叫ぶ光景)
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません