ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-11 13:48:37
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年07月04日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 ワールドカップのグループステージ最終戦。韓国の相手は、ベスト16に進むためには勝利が絶対条件のドイツ。前大会覇者であり、世界ランク1位。韓国の敗色は、試合前から濃厚だった▼ところが、韓国はそれまでの2戦とは違っていた。圧倒的にボールを支配するのはドイツ。シュートも数え切れないほど浴びた。しかし韓国イレブンは、最後までゴールを割らせなかった▼迎えた後半アディショナルタイム、韓国は先制点を挙げる。それまで泣かされていたビデオ・アシスタント・レフェリーの判断で、いったんはオフサイドとなった判定が覆った。その数分後、韓国はカウンターから2点目をもぎ取った▼1勝2敗。グループステージ敗退。韓国にとって、結果だけ見れば満足のいく大会ではなかった。しかし本気の世界王者相手に快勝を収めたことは、韓国代表にとって大きな財産となろう▼大会前、全敗との予想も少なくなかった。チームの調子も今一つだった。ラフプレーが目立った2戦目までの戦い方も、褒められた内容ではなかった。それでも帰国した彼らを待っていたのは、惜しみない称賛だった▼そんな彼らに、空港で生卵を投げつけた人物がいた。大会中も、ミスを犯した選手だけでなく、選手の家族や対戦相手の企業にも、SNSで一部のファンから誹謗中傷があった▼不満があればどのような手段を使ってもいいという風潮は、いつの間にか韓国では当たり前になっていまいか。前大統領を引きずり下ろしたときがそうだったように…。

2018-07-04 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
太極旗集会に日本からも
韓国内戦、左・右の大激突
【BOOK】北朝鮮がつくった韓国大統...
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません