ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-11 13:48:37
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年06月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【映画】『7号室』(韓国)
極限状態の選択が招く悲喜劇

©2018LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
 個室DVDボックス店を舞台に、社長と店員の心理戦を描いたシチュエーション・サスペンス。
映画を個室で楽しめる「DVDルーム ハリウッド」は、開業10年目にして倒産寸前。社長のドゥシクが店の家賃を滞納し、夜間は運転代行ドライバーとして働かざるをえない日々が続いていた。アルバイト店員のテジョンは、学費を工面するためにヤミ金に借金があった。厳しい現実から抜け出したいテジョンは、多額の報酬につられ、麻薬密売人の話に乗り、預かった麻薬を店内の7号室に隠す。一方、早急に店を売却したいドゥシクは、アルバイト店員を増やして大繁盛を装う。その甲斐あって、売買契約を希望する相手が現れるが、新人バイトの店員が店内で不慮の事故によって死んでしまう。パニックに陥ったドゥシクは、死体を7号室に隠し、誰にも開けられないようドアを施錠する。密売人との約束で、麻薬を取りに戻ったテジョンは、隠し場所に入れず、大ピンチ。秘密の部屋7号室をめぐり、ドゥシクとテジョンの人生をかけた究極の攻防戦が始まる。
キャストは社長のドゥシク役に、映画『悪女 AKUJO』『高地戦』のシン・ハギュン。庶民として成功を夢見るも、なかなか上手くいかない人生への憤りを感情豊かに表現した。アルバイト店員テジョン役には、K―POPアイドルグループ「EXO」のメンバーで、『あの日、兄貴が灯した光』などで俳優としても活躍するD’O’。感情を露わにするドゥシクとは対照的な青年テジョンを演じ、本作ではタトゥーや喫煙シーンにも挑戦している。監督は『10MINUTES』に続き、今作が長編2作目となるイ・ヨンスン。
映画『7号室』は希望と絶望と生命力にあふれた作品だ。極限状態の中で選択した彼らの答えが思わぬ悲劇を呼び、転がっていく物語だが、ブラックコメディとして描かれている。とりわけラストシーンは秀逸。作中でドゥシクは「人生はやり直せる」とテジョンに豪語するものの、それまでの人生がリセットされることなく生きていく。その描写が実に文学的かつ映画的に描かれている。
(宋 莉淑 ソン・リスク/文筆家)

公開=8月4日(土)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
公式HP=http://www.roomno7.com/

2018-06-27 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
太極旗集会に日本からも
韓国内戦、左・右の大激突
【BOOK】北朝鮮がつくった韓国大統...
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません