ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-07-11 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年06月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ソウルのビル老朽化が深刻
安全管理対象外の小規模建物も

 3日、ソウル龍山区漢江路商店街でビルが崩落した。未だ正確な原因はわかっていないが、建物はかなり老朽化が進んでいたといわれる。ソウル市内の建物は耐久年数を超えたものも多く、住民の間に不安が広がっている。

崩落原因の手がかりを探す鑑識チーム(写真=連合ニュース)
 3日午後12時35分頃、龍山の4階建てビルが突如崩落。1・2階は飲食店、3・4階は住居階として使われていた建物で、日曜の飲食店は人であふれかえり、あわや大惨事となるところであった。
崩落直後に出火、また周辺に駐車中の車4台が破損、建物内にいた住民の男性が軽傷を負った。しかしその程度の被害で済んだのは不幸中の幸いであったともいえる。このビルは1966年に建てられた老朽化建造物だった。
ソウル市傘下機関の報告書によると、ソウル市内で耐用年数の90%以上を過ぎた建物は10万5982棟にのぼるという。
これはソウルの全建物62万余棟のおよそ6分の1にあたる。ところが小規模ビルは老朽化の安全管理対象から外れており、市民の中に不安の声が広がっている。
1995年4月に制定された「施設物の安全管理に関する特別法」で、その対象とされている建物は、21階以上の共同住宅、共同住宅以外の建築物であって21階以上または延べ面積5万平方メートル以上の建築物(高速鉄道の駅舎を除く)、また16階以上20階以下の共同住宅、16階以上または延べ面積3万平方メートル以上の建築物、延べ面積5000平方メートル以上の文化及び集会施設・販売及び営業施設・地下商店街(2種施設物)等が該当しているのみである。
龍山の崩壊ビルは延べ面積301平方メートルの小規模建造物で、安全管理対象には入っていなかった。
ソウル市関係者によると「まず10階以下及び1000平方メートル以下の建物中、使用認可以降30年以上がたっている建築物を対象に対策を検討している段階」だという。

2018-06-27 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日本人の私にとっての朴正煕⑤ 評論家...
米朝首脳会談の「隠れた顔」 
「清算対象」となった韓国の司法府 
Special Interview ...
大韓民国の建国と憲法を否定する「大統領令」
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません