ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-14 13:25:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年06月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
アジア経済短信

済州航空 関空第2ターミナルに移転へ
韓国の格安航空会社(LCC)チェジュ航空は、関西国際空港の発着ターミナルを現行の第1ターミナルから第2ターミナルへと移転する。今年11月からの適用を予定している。関西国際空港は、第2ターミナルをLCC専用としており、現在はピーチ・アビエーションと春秋空港の日本の2社が発着している。今回チェジュ航空が移転すれば、外国の航空会社としては初めての第2ターミナル利用となる。第2ターミナル使用により、旅客サービス施設使用料が第1ターミナルより1500円安い1230円となり、チェジュ航空利用客にとってもメリットとなる。
中国 端午節の国内旅行者7.9%増
中国の節句・端午節(16~18日)の3連休で中国国内を旅行した観光客は8910万人に上り、前年同期比7・9%増加したことが分かった。これにより観光収入は7・3%増加し、約6200億円(362億元)に上った。中国の端午節は旧暦の5月5日にあたり、春節、中秋節に並ぶ中国の三大伝統節句のひとつだ。期間中は海外へと足を延ばす観光客も多く、タイやインドネシアなど比較的近いリゾート地へ出国するケースが多かった。また、サッカーワールドカップが開催されるロシアへの旅行も人気が高まった。
シンガポール 25年までに小切手廃止へ
シンガポールは、2025年までに小切手を廃止し、ATMでの現金引き出しを減らす方針であることが分かった。シンガポール通貨庁の理事で教育相のオン・イェクン氏は20日、決済手段における銀行小切手と現金支払いのニーズが落ちていることを指摘。昨年導入された電子決済プラットフォーム「ペイナウ」について説明した。同相によると、ペイナウの登録件数は140万を突破している。小切手廃止について同相は「キャッシュレスを目指すのではなく、キャッシュを減らして電子決済を増やすことが目的」としている。ペイナウは8月以降、サービスの対象を民間企業にも拡大する方針だ。

2018-06-27 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
太極旗集会に日本からも
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
韓国内戦、左・右の大激突
韓・米の対北共助決裂
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません