ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-11 13:48:37
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2018年06月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大統領として安保観を持たない文在寅

 トランプ米大統領が韓米連合訓練の中止措置を発表したことに対し、日・米などの専門家たちは、深刻な懸念を表明している。だが、主思派政権は、地方選挙での圧勝を背景に、安保体制の解体へ突っ走っている。
主思派政権は特に、6・25動乱「終戦宣言」を年内に推進するため国民の安保意識破壊に乗り出した。
文在寅大統領は、今年も6・25動乱68周年の政府行事で出席しなかった。 ロシア国賓訪問から24日、帰国したドア大統領は、6・25記念行事に代わる別の公式日程もなかったが、政府行事にも出席せず、祝辞も出さなかった。
文大統領は、歴代の大統領が慣例的に出席してきた国軍と国連軍の「6・25」参戦有功者のための宴会にも参加しなかった。年内に「6・25終戦宣言」を行いたいなら、今年こそ金日成と中国の戦争犯罪を明確にする必要がある。
「済州4・3事件」、「5・18光州事態」、「6・10民主抗争行事」には、参加する文大統領が「6・25事変」の政府行事は無視したのだ。ちょうど2週間前の「6・10民主抗争」31周年は、ソーシャルメディアなどを通じて記念辞も発表した。少なからず国民が「均衡感が落ちている」と指摘した。
文在寅大統領はロシア訪問中、ワールドカップの試合を参観した。試前行事で愛国歌が演奏されたとき国歌を無視した。TV中継で文大統領が、愛国歌の演奏に冷淡で無視する光景を見た多くの韓国民が憤慨した。文在寅は「5・18行事」では「君のための行進曲」を熱唱してきたからだ。そのため、文大統領に軍の統帥権者として資格があるのかとの指摘が噴出している。
主思派政権は、北の奇襲南侵の歴史を消し、「戦争の惨状」や「平和な韓半島」だけを謳い、2020年から使用される教科書からは「自由民主主義」を民主主義にし、大韓民国の樹立を政府樹立に変えた。前政権で国定教科書編纂に関わった人々を全員告発した。
文政権は、イエメン出身のイスラム難民は受け入れながら、集団脱北した食堂従業員たちを北へ送還しようとしている。

2018-06-27 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
太極旗集会に日本からも
韓国内戦、左・右の大激突
【BOOK】北朝鮮がつくった韓国大統...
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません