ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-07-11 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年06月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱―142―

青磁の自営(一)

柳根瀅
高徹・訳/馬瑞枝・画

 日本から帰って二年が経った。
二年余りいろいろな方面からの噂を頼りにして、陶磁器工場を作ろうと探っているうち、汝矣島近くの永登浦で高麗青磁を作っていた工場があると聞いた。私はそこに出向いた。
工場をひと巡りしてみると、蹴轆轤が二台、手轆轤が二台、そして母板も八〇~九〇枚あった。また、登窯とその付属品のさや(器を入れて焼く器)もあった。工場の片隅には住居まであり、何とか稼働できると思い、持ち主を探した。
醤油会社を経営する大塚という人だった。
 「工場を作っておいて、どうして作業はしないのですか?」
「ある風来坊の話を真に受けて始めたんですが、二年間骨折り損のくたびれもうけで、結局やめてしまいました」
「そうですか。お宅でお使いにならないのなら、私に貸してくれませんか?」
彼は疑いの目で私の顔を見つめた。
「借りて何をしようというんで?」
「高麗青磁を作ってみようと思ってるんです」
「えっ、高麗青磁を?」
「どうしてそんなにびっくりなさるんですか?」
「私もやってみて駄目だったので、やめてしまったんですよ」
「お宅が出来なかったことを私がやってみますから、貸してください」
「そういうことなら喜んでお貸ししましょう」
「それでは、借り賃はいくらでしょうか?」
「ひと月二〇円でよろしい」
「二〇円ですか。それじゃあ一週間以内にまた来ます……」
この場所に高麗青磁の工場が建てられたのには、それなりの理由があった。当時、京城には李王職美術工場があった。李王職には長官がおり、李王家のすべての仕事を取り仕切っていた。当時の長官は李恒九だった。彼が何者かといえば、丁未年七条約時の内閣総理代理だった李完用の子で、父の死後、爵位を受け継いだ人物だった。
彼は李王職美術工場内の金銀の美術品はむろんのこと、高麗青磁を作らせるため、日本の有名な青磁技術者である井爪を招いた。当時、轆轤は川﨑という者が受け持っていた。そして彫刻は李禧萬と崔仁煥に任されていた。
ところが、轆轤と彫刻はそろったが、釉薬はいくらやっても作れなくて、すべてが無駄に終わった。一~二年試みたが、出来上がったのは青っぽい青磁もどきばかりだった。
結局、高麗青磁部門の人員解散となるや、井爪は日本に帰ってしまった。そうして、川﨑が道具を全て管理することになった。

2018-06-20 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
日本人の私にとっての朴正煕⑤ 評論家...
米朝首脳会談の「隠れた顔」 
「清算対象」となった韓国の司法府 
Special Interview ...
韓米演習中断 駐韓米軍の戦力弱化へ
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません