ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-04-17 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年06月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
Special Interview 「焼肉ドラゴン」出演のキム・サンホさん
共演者・スタッフは気配りのプロ 今回の撮影は忘れられない体験に

 日本、韓国で上演され数々の演劇賞を総なめにした伝説の舞台『焼肉ドラゴン』が映画化、今月22日から全国で公開される。高度経済成長さなかの日本、万国博覧会が開かれた関西の地方都市の一隅で、在日同胞一家が営む焼肉店が舞台。映画で一家の主人・龍吉を演じたキム・サンホさんが来日、インタビューを行った。

――日本の映画に出演されるのは初めてでしょうか。

はい、初めてです。期待も、緊張もありました。韓国では映画やドラマに出演していて、ある程度知られていますが、日本では私がどんな俳優なのか、知られていないかもしれない。共演者もきっと知らないでしょう。まずは他の出演者、スタッフから信頼されないと、相手にされないのでは、というプレッシャーがありましたが、杞憂に終わりました。大泉洋さん、井上真央さん、真木よう子さんなどの共演者たちは、私に対していろいろ配慮してくれた。気配りのプロだと思いました。撮影現場は、”一緒にがんばって良い作品を作ろう”という雰囲気にあふれていました。素晴らしい共演者たちとの出会いがありました。撮影が終わったあとには、お酒を飲みにいき、作品について話し合ったり、楽しい時間を過ごしました。
――撮影方法など、日本と韓国の違いを感じたことは?
日本語が話せないので、周りの会話が聞き取れません。違いを感じたのはそれくらいです。戸惑うことはありませんでしたし、スタッフや共演者が差を感じさせないように、配慮をしてくれたともいえるでしょう。
――映画では日本語の長せりふがあります。日本語はいつから勉強されたのですか。
日本語の勉強はしていません。せりふを覚えただけです。覚えることはさほど難しくない。覚えることより、そのせりふの意味や心を理解することの方が難しかった。特に長せりふでは苦労しました。数分のシーンに6時間以上かかりました。OKが出たときは感動しました。
――本作は、在日同胞が難しい状況にあった時期の話を映画化したものです。
当時は差別を受けたり、本当に苦労をされたと思います。ただ考えなければいけないのは、今の韓国にも差別がある。それは恥ずべきことだと思います。同じ”人”なのだから、例えば貧しい国から韓国に働きに来た人に対しても、感謝や尊重する気持ちをもつべきだと思います。
――この映画を通して一番伝えたいことは。
幸福です。映画を見て幸せな気持ちになってくれれば、それ以上望むことはありません。幸せの種類はたくさんあります。例えば、人の悪口を言うことで幸せを感じる人もいる。どんな幸せでもいい。私の出演作品を見終わった後、少しでも何か幸せを感じてくれればと思っています。
――米国や中国など海外の映画作品出演に興味は?
私は米国、中国よりやはり日本がいい。今回の映画撮影、共演者たちとの出会いは私にとって素晴らしいものでした。今後も、共演者たちとまた飲みにいっていろいろ話す機会があれば。彼らも忙しい人たちなので、短期で遊びにくるより、仕事で来たほうがスケジュールが合わせやすいでしょう。

●キム・サンホ 1970年生まれ。94年、舞台『鍾路の猫』で俳優デビュー。その後、演劇、映画、テレビドラマなどに多数出演。映画『楽しき人生』で、第28回青龍映画賞助演男優賞を受賞。本作では一家の大黒柱、龍吉を演じる。

2018-06-20 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
ミキ・デザキ監督・イ・ジャンフン監督...
文在寅政権 国民を人質にして同盟に挑戦
韓国が5G分野主導
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
米中戦争で決まる韓半島の未来
ブログ記事
米国が文在寅政権に「米・韓・日共助」を圧迫する理由
イスラエルのシリア軍基地爆撃で北韓ミサイル技術者が死亡
審判連帯のロゴ・ソング
文在寅の‘虚言’を斬る[金侊日の口]
労組の「抗日闘争」は時代錯誤
自由統一
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません