ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-07-11 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2018年06月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
米朝首脳会談の「隠れた顔」 
トランプ大統領の戦略目標は中・朝分離

主思派政権が韓米間の葛藤要因

 シンガポールで6月12日行われた米朝首脳会談の結果は、65年間維持されてきた韓米同盟を否定するようなものだった。韓・米両国から批判や失望の声が噴出している。トランプ大統領がやはり金正恩に騙されたという指摘も多い。だが、そもそも「北核問題は中国問題」だったことを考えれば、米朝首脳会談は本質的には米・中の対決だ。今回の協商の裏に隠れている事情を見てみよう。

裏合意あって当然

 おそらく裏の合意があって当然だろうが、公開された米朝合意文は、一見曖昧な4項目の約束だ。
一、米国と北韓は、平和と繁栄を望む両国民の要望に基づき、新しい関係を構築することを約束する。
二、米国と北韓は、韓半島で持続的で安定した平和体制を構築するための努力を共にする。
三、2018年4月27日の板門店宣言を再確認し、北韓は韓半島の完全な非核化に努力することを約束する。
四、米国と北韓は、すでに発見された遺骸の即時的な本国送還を含む、戦時捕虜と戦闘中行方不明者の遺骸発掘を約束する。
トランプがやった唯一の約束(具体的な言及)は、韓米演習の中断だが、北側が約束を守らない場合は即再開というものだ。
だが、この合意文やトランプ大統領の言動は凄まじい反響を呼んだ。
会談翌日の韓国紙・朝鮮日報は、社説を通して「このままでは北は核保有国になる」「金氏王朝は、米国の現職大統領との対座を3代半世紀間、渇望してきた。トランプが30代の金正恩に会うだけで金正恩には大変な収穫。トランプがシンガポールまで行って、ならず者国家の独裁者に会ったのは信じがたい」と言った。
米戦略国際問題研究所(CSIS)のビクター・チャは「韓米軍事演習の中断宣言に触れたトランプに驚いた。韓日と調整したものとは考えにくい」と憂慮した。
柳根一(元朝鮮日報主筆)は「連合演習も行わない同盟は死に体、韓米同盟は12日から事実上白紙となった。韓半島周辺の国際政治は今後、中国が金正恩と韓国の左派勢力を牛耳り、これを米国が認める構図になる」と言った。
トランプと金正恩の合意文は、1938年のミュンヘン協定や1973年のベトナム平和協定に喩えられた。右派の大半の反応は失望、動揺、懸念、怒りだ。
米国は戦争をたくさんやって来た国だ。それで、外交も戦争のように大胆に機敏にやる国だ。
アジアの現状変更はすでに始まり今、米国への挑戦者は中国だ。米・中は、インド太平洋戦略と一帯一路で衝突している。米国としては当初は北の「非核化」が目標だったが、おそらく目標を拡大した。
米国として北韓は対等な相手でない。しかし、中国の戦略的アキレス腱である北韓を取れるなら、米国は決定的に有利になる。
つまり、米中のゲームは平壤を奪う戦いになった。北が米国の味方になれば、核は問題になれない。つまり、米国としては北の「非核化」より「中国離れ=脱中」の方が大きいはずだ。
金正恩が会談3日前の9日、中国の青島で習近平やプーチンに会い、トランプに接する要領を聞いたという噂もある。
マイク・ポンペオ国務長官も会談前日の11日、「北韓が大量破壊兵器(WMD)を完全に破棄するまで制裁は強化される。検証(V)が最も重要だ」と言った。
トランプが金正恩に見せた動画は、「北韓の未来に向け、最後のチャンスを掴むかどうか択一せよ」とのメッセージだ。
だが、今後の流れは不透明だ。北韓を管理してきた経験や手段を持っている中国が簡単に北韓を諦めるのは考えられない。必死に抵抗する。自由社会の弱点を突く時間稼ぎ戦術を助言するはずだ。米国はこの事態を克服できるか。
米国のこの対中ゲームで最も厄介な存在は文在寅政権かも知れない。主思派政権は、開城工団や金剛山観光の再開、南北鉄道の連結など、国際社会の対北制裁を無視する覚悟だ。
仮に北韓が米国側に立ったら、「親米・反中の北韓」と「親中・反米の南韓」が、連邦制で一つになれるか。やはり、米国は親中の文在寅政権を抑えねばならない。
さて米国は果たして平壌を中国から切り離せるだろうか。金正恩は米国の民間資本を投資できる環境が作れるだろうか。

関連記事=http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=84709&thread=01r02

       http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=84684&thread=01r02

 

 

2018-06-20 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
日本人の私にとっての朴正煕⑤ 評論家...
米朝首脳会談の「隠れた顔」 
「清算対象」となった韓国の司法府 
Special Interview ...
韓米演習中断 駐韓米軍の戦力弱化へ
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません