ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年06月06日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】『韓国の美しさ』(加藤松林人 画・文)
故郷を愛した画家・加藤松林人が生き生きと描く韓国の四季や風土

 加藤松林人といっても知る人は少ないだろう。金素雲訳の『朝鮮語集』や『朝鮮童謡選』(2冊とも岩波文庫)の挿画を描いた人だといったら、気がつく人もいるかと思う。
著者の加藤松林人は、韓国の地がよほど肌に合ったのであろう。彼が描いた韓国の風土や人々の暮らしは生き生きとしており、何らの違和感も感じさせないくらい自然である。それは、著者が韓国の美も醜も丸ごと受け入れたからに他ならない。
著者はどうして韓国を違和感なく描けたのか。彼が韓国の美も醜も愛でたことと共に、朝鮮の東洋画の技法を取り入れたことにもよるだろう。ここにも彼の民族を越えた進取性が窺える。
日本は不平等な江華島条約を朝鮮に押し付けて朝鮮を蹂躙し、その後、統監↓総督府を設けてもっぱら帝国主義統治を行う。しかし政治はそうであっても、加藤のような人がいたのである。浅川巧がそうであり、また柳宗悦がそうであった。かつて、最盛期には朝鮮に70万人もの日本人がいたというから、なかには加藤のような人がまだまだいたに違いない。
彩流社刊 定価=2200円(税別)

2018-06-06 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
社会主義への体制変更のため 安保と経...
朴槿恵大統領弾劾の「嘘と真実」
猛暑乗り切る カンタン家庭料理~食欲...
ヨンジョンの 毎日眞味<7> クラゲ...
今週の人言(ひとこと)
ブログ記事
「民和協」代表常任議長・金弘傑は労働党の対日工作の手先!
機務司令部の解体は南労党の末裔たちによる大韓民国建国70周年への報復
自由体制守護のため国民抵抗運動を宣布する!-NPKの声明
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
自由統一
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません