ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-10-21 23:01:56
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年06月06日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
成鐘泰理事が1000万円寄付
韓国教育財団へ9年連続

大使館で行われた寄付金伝達式のもよう。(左から)徐理事長、李大使、成理事

 5月31日、韓国大使館で韓国教育財団の成鐘泰理事による同財団への寄付金(1000万円)伝達式が行われた。目録が成理事から李洙勲駐日大使へ手渡され、徐東湖韓国教育財団理事長へと贈られた。成理事の同財団への寄付は9年連続となり、累計額は9060万円にのぼる。
成理事は、福島県でパチンコ店と不動産業を展開する実業家。地域や同胞社会に貢献し、本国でも奨学会を創設するなど寄付活動を続けている。2005年には大韓民国国民勲章勲三等冬柏章を受章している。
9年連続となる寄付について「利益を出している会社はたくさんある。私の寄付がきっかけとなって、寄付の輪が少しでも広がれば」と述べた。
また、韓日関係について「韓日両国は、引っ越すことができない隣人同士。良い時も悪いときもあるのが当然。お互いを尊重しあうことで、よりよい関係を作れるはず。その助力に少しでもなればと思っている」と語った。

2018-06-06 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
【映画】『鈴木家の嘘』(日本)
文在寅大統領を「與敵罪」で告発
傲慢な主思派政権への民心離反
李海瓉も「與敵罪」に該当 平壌で国家...
自由統一を放棄した民団
ブログ記事
人生はリセットできない
精神論〔1758年〕 第三部 第7章 分別くさい人々に対する情熱的な人々の精神的 優位について
「民和協」代表常任議長・金弘傑は労働党の対日工作の手先!
機務司令部の解体は南労党の末裔たちによる大韓民国建国70周年への報復
自由体制守護のため国民抵抗運動を宣布する!-NPKの声明
自由統一
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません