ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-10-21 23:01:56
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年06月06日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
呉公太前団長に感謝 長野で退任慰労会 

挨拶する呉公太前団長
 民団中央本部の呉公太前団長を労う退任慰労会が5月29日、地元・長野市内のホテルで開かれた。およそ150人が参加した。
慰労会には、鄭美愛・駐新潟総領事をはじめ、長野県の太田寛副知事、林泰章・元岡谷市長、民団傘下団体役員など、韓日の各団体から多数が出席した。また、同会の発起人は朴永大・民団長野本部団長、呉龍夫・横浜幸銀信組理事長、萩原清・長野県日韓親善協会会長らが務めた。
来賓による挨拶では、民団に対する呉前団長の支援と功績に対し感謝の意が伝えられたほか、2006年の「5・17事態」発生時における迅速な対応を称える言葉が贈られた。
呉前団長は「在日同胞の柱となる諸機関、諸団体での活動を振り返り、中央団長を退任した時はしばらく放心状態だった。在任中に民団で大統領を迎えることができなかったことは残念に思う。今後も役職を全うしながら同胞社会のために貢献していきたい」などと所感を述べた。
会場ではこの日、呉前団長の活動をまとめた動画が上映されたほか、歌手によるショートライブなども行われた。
呉前団長は民団長野県本部団長を経て、12年2月に中央本部団長に初当選し、2期6年の任期を務めあげた。

2018-06-06 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
【映画】『鈴木家の嘘』(日本)
文在寅大統領を「與敵罪」で告発
傲慢な主思派政権への民心離反
李海瓉も「與敵罪」に該当 平壌で国家...
自由統一を放棄した民団
ブログ記事
人生はリセットできない
精神論〔1758年〕 第三部 第7章 分別くさい人々に対する情熱的な人々の精神的 優位について
「民和協」代表常任議長・金弘傑は労働党の対日工作の手先!
機務司令部の解体は南労党の末裔たちによる大韓民国建国70周年への報復
自由体制守護のため国民抵抗運動を宣布する!-NPKの声明
自由統一
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません