ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-04-24 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2018年06月06日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓・米・日国防長官が会談
共同言論報道文発表

 宋永武国防部長官とジェームズ・マティス米国防長官、小野寺五典防衛相は、シンガポールで開かれた第17回アジア安保会議(シャングリラ対話)で会談した後、共同言論報道文を発表(3日)した。
3カ国長官は、米朝首脳会談が韓半島と域内の平和と安定のために安保と人道主義的な懸念事項を包括的に解決するために貢献することを希望しつつ、そのために3カ国間の安保協力を強化していくことにした。
そして北韓の核と弾道ミサイルなどの完全かつ検証可能で不可逆的な韓半島の非核化を追求する外交的努力を支援し、関連するすべての国連安全保障理事会決議を続けて実施することに合意した。
また、海上積み替えのような違法活動を抑制・防止し、根絶させるための国際社会の継続的な協力を強調した。
3カ国長官は、海洋安保と規範に基づいた秩序維持の重要性を含め、域内の安保懸案について普遍的な国際法の原則に基づいて航行と上空飛行の自由が保障されるべきことを再確認した。
マティス長官は、対北制裁の緩和は、完全なCVIDの後で行われるべきと強調した。宋永武韓国国防長官は、文在寅政権の高官としては初めて「CVIDは完全に実施されるべき約束で、必ず検証せねばならない」と言った。また、「駐韓米軍は北核問題とは別途の事案」と一線を画した。
だが、宋長官は、「文在寅政府は、南・北の差を認め、北韓の崩壊、吸収統一、人為的な統一を追求しない」と言及した。板門店でも南北高位級会談(6月1日)などを意識した発言だが、韓国の安保より、金正恩体制の安全に気を遣うという厳しい批判が韓国の保守右派から出ている。
一方、北側は米朝首脳会談を前に5月17日、党中央軍事委員会第7期第1次拡大会議を開き、総政治局長、総参謀長、人民武力相を更迭した。

2018-06-06 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
ミキ・デザキ監督・イ・ジャンフン監督...
文在寅政権 国民を人質にして同盟に挑戦
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓国が5G分野主導
米中戦争で決まる韓半島の未来
ブログ記事
対北海上遮断作戦に韓国だけが不参
国民・大衆にも責任がある
米国が文在寅政権に「米・韓・日共助」を圧迫する理由
イスラエルのシリア軍基地爆撃で北韓ミサイル技術者が死亡
審判連帯のロゴ・ソング
自由統一
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません