ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-05-23 11:19:35
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年05月30日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大阪で「統一講演会」
民主平統、日本近畿協議会主催

講演会のもよう
 「南北首脳会談と韓半島の平和定着」をテーマにする民主平和統一諮問会議日本近畿協議会主催の統一講演会が19日、民団大阪本部で開かれた。300人が参加した。金明弘会長(民団大阪本部監察委員長)が開会辞を述べ、呉泰奎駐大阪総領事や呉龍浩民団大阪本部団長の祝辞もあった。
金鎮香・開城工業地区支援財団理事長が基調講演を行い、パネルディスカッションでは、文京洙・立命館大学教授がコーディネーターを、李鍾元・早稲田大学教授、朴一・大阪市立大学教授、磐村和哉・共同通信社編集委員兼論説委員がパネリストを務めた。
金鎮香講師は、「開城工団の正常化など経済協力の正常化を協議し、南北資源協力の再開・正常化が必要。離散家族再会事業も大切だし、民間の社会文化・学術・体育交流を積極支援していく。開城・金剛山観光が再開されれば、白頭山観光に拡大するし、韓半島平和観光が世界に向け発信できる」などと述べた。
金鎮香講師は、慶北大学校(政治外交)卒業、政治学博士。世宗研究所、青瓦台、大統領秘書室などを経て開城工業団地の運営に関わってきた。(大阪=韓登)

2018-05-30 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
主思派政権 反逆クーデターが最終段階へ
金正恩を日本の法定で裁こう!
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓自協結成・決起大会 参加に反対せず
韓国2大航空財閥が混迷
ブログ記事
金正恩の殺戮の歴史
太極旗決起、ソウル国立顕忠院から光州まで民心の爆発
光化門に登場した太極旗キャンプ
自由民主の大韓民国陣営がなすべきこと
文在寅独裁打倒、光化門行進
自由統一
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません