ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-05-23 11:19:35
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年05月30日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「あーすフェスタかながわ」開催
20周年に向け多文化共生訴求

壇上で紹介を受ける李団長(左)
 多文化共生社会の実現を目指すイベント「あーすフェスタかながわ」が19日から20日にかけ、神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)他で行われた。実行委員会が主催し、民団神奈川本部が協力した。今年で19回目。
会場には、世界の遊びや工作、伝統芸能を体験できるコーナーをはじめ、飲食ブース、文化展示、舞台など、さまざまな催しが用意され、多くの来場者で賑わった。
同実行委員会は全24団体で構成されており、李順載・民団神奈川本部団長が副委員長を務めた。また、湘南西武支部が韓国料理の屋台を出店したほか、NPO民団国際協力センターの2人が舞台に出演した。開会式には李団長らも出席した。
今回のフェスタは、「来年の20周年に向けてつながるフェスタに」をテーマに企画立案された。
フェスタで企画副委員長を務めた李豪哲・民団神奈川本部文教副部長は「開催当初は外国籍県民が企画委員の多くを占めていたが、現在は日本人の方が多い状況。当初の開催の目的意識が薄れてきている印象もあるが、多様な国の文化などについて知ってもらう場としての一定の役割は果たされたのではないか」と語る。来年で20周年を迎えるにあたり、開催の目的を再確認しながら方針転換することも検討しているという。
李氏は来年の開催について「20周年という節目にふさわしく、大々的に開催できるよう取り組みたい」と抱負を語った。

2018-05-30 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
主思派政権 反逆クーデターが最終段階へ
金正恩を日本の法定で裁こう!
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓自協結成・決起大会 参加に反対せず
韓国2大航空財閥が混迷
ブログ記事
金正恩の殺戮の歴史
太極旗決起、ソウル国立顕忠院から光州まで民心の爆発
光化門に登場した太極旗キャンプ
自由民主の大韓民国陣営がなすべきこと
文在寅独裁打倒、光化門行進
自由統一
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません