ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年05月30日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大邱・七星初等学校が和歌山訪問
地元の小学校と野球などで交流

試合後の両校の児童たち

 韓国大邱の七星初等学校の野球部員24人と保護者らが11日から13日まで和歌山県に滞在し、和歌山市立藤戸台小学校の5年生30人と交流した。
同企画は、民団和歌山本部の韓日オリニ交流事業として実施されたもので、今年で2回目の開催となった。両校の児童らは、体育館でグループに分かれてゲームを行ったほか、給食を共にするなどして交流を楽しんだ。
一方、両校野球部の児童らは交流試合を行ったほか、野球教室にも共に参加し、スポーツを通して親交を深めた。
両校の関わりは、まさに「草の根」から始まったといえる。交流の発端は、和歌山県に滞在していた韓国人の一家が韓国に帰国したことだった。
韓国人の夫と共に韓国に移り住んだ日本人の妻が、自身の子どもの野球部入部をきっかけに日本の学校との交流を望むようになった。野球部の父母会もやはり交流に意欲的だったことから、和歌山県国際交流協会を通して話が進み、結果的に民団の支援金事業に認証された。
日本には野球部を置く小学校が少なく、交流先の選定には困難を要したが、縁が縁を呼び、藤戸台小との交流が実現した。藤戸台小では、これまでも民団和歌山本部による韓服体験や講演などを行ってきたため、韓国への理解が深いことも幸いした。
交流先が決定してからも困難はあった。韓国では、小学校の野球部でも硬式ボールを使用するが、日本ではほとんどの学校が軟式ボールを使用する。そこで、交流の数カ月前に日本から国際便で軟式ボールを送り、韓国の児童らに練習してもらうよう取り計らうこともあった。
何より交流に積極的だったのは、両校の保護者たちだった。七星初等学校の父兄らに向け、藤戸台小野球部の父兄らが日本の文化体験を用意。着物の試着体験やお手玉、けん玉など、日本の伝統文化を通して交流を図った。また、人数分のホームステイ先も確保し、七星初等学校の児童らを受け入れた。
両校の父兄らは今後の継続を強く希望しており「夏のリーグ戦も実現させたい」と意欲を見せている。

2018-05-30 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
社会主義への体制変更のため 安保と経...
朴槿恵大統領弾劾の「嘘と真実」
猛暑乗り切る カンタン家庭料理~食欲...
ヨンジョンの 毎日眞味<7> クラゲ...
今週の人言(ひとこと)
ブログ記事
「民和協」代表常任議長・金弘傑は労働党の対日工作の手先!
機務司令部の解体は南労党の末裔たちによる大韓民国建国70周年への報復
自由体制守護のため国民抵抗運動を宣布する!-NPKの声明
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
自由統一
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません