ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-01-17 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年05月30日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
アジア経済短信

ネイバー、スマートシップ事業に参入
IT大手のネイバーは、「スマートシップ」事業に参入することが分かった。同事業は、米国インテルの韓国法人と大宇造船海洋の3社共同で行われる。21日、3社は業務協約を締結した。「スマートシップ」事業では、IoTを活用し、航海中の情報を瞬時に収集分析できるシステムを構築する。また、ネイバーのクラウド技術を利用し、陸上の管制本部にも情報を伝送することが可能となる。収集された航海中の情報は、船内設備の制御や監視にも用いられ、安全な運航へとつながるよう活用していく考えだ。
中国 第1四半期のモバイル決済額上昇
中国人民銀行(中央銀行)は24日、今年第1四半期(1~3月)における国内決済システムの運営報告を発表した。報告によると、同期におけるモバイル決済件数は109億6300万件で、金額では70兆8200億元(約1212兆円)に達することが明らかになった。前年同期比では、件数が17・8%増、金額が16・8%増となった。インターネット決済は121億100万件で、金額は635兆7600億元だったものの、前年同期比ではそれぞれ7・1%増、3・5%減に留まり、モバイル決済の伸長ぶりが浮き彫りになった。
TOTO タイでウォシュレット生産
TOTOのタイ現地法人、TOTOタイランドは24日、タイ中部のサラブリ県で、自社の温水洗浄便座「ウオシュレット」の生産を行うことを明らかにした。生産は2020年4月から開始する予定。新工場は、サラブリ県のへマラート工業団地内に建設する予定で、現在同県では同社の衛生陶器工場が運営されている。生産能力は年産約45万台で、投資額は約37億円。同社は、稼働から2年以内にアジア市場への供給を開始し、23年度には海外市場で年間200万台の出荷を目標としている。また、既存の日本、マレーシア、上海の工場と連携し、生産体制の強化を進めていく方針だ。タイのウオシュレットはこれまで、マレーシアからの輸入販売に限られていた、売上高は年間20%増の成長をみせている。

2018-05-30 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
暗雲立ち込める韓半島
韓国が真の先進国へと脱皮するために
韓国憲政史上最大の暗部 弾劾政変は国...
新しい韓国精神の誕生~「韓半島の未来...
第4次産業革命で変わる世界の産業勢力...
ブログ記事
反日種族主義を打破しよう
『韓国壊乱』のあとがき
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
自由統一
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません