ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年05月30日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 このところ、世間を騒がせているのが日本大学アメリカンフットボール部の選手が犯した反則タックル事件だ。前監督、コーチの指示で、やむなく反則を犯したというのが、加害者である選手の弁▼それに対して前監督とコーチは、激しくぶつかれと指示したものの、けがをさせろという意味ではなかったとしている。あくまでコーチ陣と選手の認識の違いによって起こった事件という説明だ▼どうやら世間は、日大の選手に肩入れしているようだ。日大側の説明がいまいち具体性に欠ける点、会見時の対応のまずさも相まって、それに拍車をかけている▼背景に、絶対的な権力を持つ監督に対し、選手は逆らいにくいという構図もあったのではないか。昨今、特に問題視される「ハラスメント」、この場合パワハラに当たるのではないかという想像も働く▼反則タックル問題は、反則した本人にもっとも責任があり、それを放置した監督とコーチ陣にも責任があるのは明らかだ。言い換えれば共同責任であるということだ▼少し話は飛躍するが、朝総連も全く同じ問題を抱えている。26~27日に、第24回中央大会が開かれたが、相変わらず「金氏王朝」体制に盲従するばかりだ。在日同胞団体としての一般的な常識とは大きくかけ離れているのが現状だ▼「わが民族同士」を口実に、民団同胞への「和合」をもちかける攻勢に転じることは明らかだ。それがいかに空虚で無責任であるか、自明の理が分からない人間もいるのだ。

2018-05-30 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
社会主義への体制変更のため 安保と経...
朴槿恵大統領弾劾の「嘘と真実」
猛暑乗り切る カンタン家庭料理~食欲...
ヨンジョンの 毎日眞味<7> クラゲ...
今週の人言(ひとこと)
ブログ記事
「民和協」代表常任議長・金弘傑は労働党の対日工作の手先!
機務司令部の解体は南労党の末裔たちによる大韓民国建国70周年への報復
自由体制守護のため国民抵抗運動を宣布する!-NPKの声明
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
自由統一
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません