ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-01-17 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年05月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「抑留者の送還問題を議題に」―選民ネットワーク代表 キム・キュホ―
選民ネットワークのキム・キュホ代表は4月30日、韓国メディアとのインタビューで、「非核化合意を歓迎する」としながらも「ただし、強制抑留された韓国国民の生命と安全を確保する内容がなく失望した」と話した。キム代表は「北韓に配慮した、従属的で卑怯な中途半端な会談」とし「秋に平壌で開かれる首脳会談では送還問題が必ず取り上げられなければならない」と述べた。

「北韓の核放棄の約束含まれず」―自由韓国党代表 洪準杓―
自由韓国党の洪準杓代表は4月30日、記者懇談会で「結局、懸念がすべて現実になってしまった。文在寅政権と一部のメディアは口をそろえて韓半島に平和がきたかのように言うが、実際は全くそうではない」と述べた。洪代表は、「今回は、抽象的な『韓半島の完全な非核化』という表現を除けば、どこにも、北韓の核放棄の約束が含まれていない」と主張した。また、「停戦協定が平和協定に転換されると、在韓米軍と国連司令部の韓半島駐留根拠が消える」とした。

2018-05-03 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
暗雲立ち込める韓半島
韓国が真の先進国へと脱皮するために
韓国憲政史上最大の暗部 弾劾政変は国...
新しい韓国精神の誕生~「韓半島の未来...
第4次産業革命で変わる世界の産業勢力...
ブログ記事
反日種族主義を打破しよう
『韓国壊乱』のあとがき
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
自由統一
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません