ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年05月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
朝鮮人労働者の追悼集会
民団群馬などが参加

碑文に見入る参列者たち
 群馬県高崎市の県立公園「群馬の森」にある朝鮮人労働者の追悼碑前で4月21日、15回目となる追悼集会を開いた。主催は「追悼碑を守る会」。民団群馬県本部からは朴旋用団長ら3人が出席した。
集会は毎年1回、4月頃に開かれている。参加者らは黙とうを捧げた後に献花を行い、犠牲者の冥福を祈った。
碑を巡っては、過去の追悼式における「東北アジアの平和のために共に手を携えて力強く前進していく」などの発言が政治的であるとして、群馬県が2014年7月、碑の設置の更新を不許可とした。守る会はこれに対し「政治的発言ではない」として提訴していた。
今年2月、前橋地裁は県に対し、更新の不許可を違法とする判決を下した。これを受け、県は前橋地裁に控訴している。
集会に参加した朴団長は「碑に刻まれた『記憶、反省、そして友好』というフレーズを支持したい。南北関係の改善が期待される今、日本政府もぜひこれに倣ってほしい。韓日の関係をより強固なものにしていければ幸いだ」とあいさつした。

2018-05-03 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
社会主義への体制変更のため 安保と経...
朴槿恵大統領弾劾の「嘘と真実」
ヨンジョンの 毎日眞味<7> クラゲ...
自営業者が窮地に
今週の人言(ひとこと)
ブログ記事
「民和協」代表常任議長・金弘傑は労働党の対日工作の手先!
機務司令部の解体は南労党の末裔たちによる大韓民国建国70周年への報復
自由体制守護のため国民抵抗運動を宣布する!-NPKの声明
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
自由統一
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません