ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年04月25日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
宅配業者と住民トラブル 政府の解決策に異論続出

 韓国のマンションや団地で起きた宅配トラブルが大きな関心を呼んでいる。最近建てられたマンション・団地では、敷地に駐車場を作らず、地下に設置するケースが増えている。地上には公園を作り、子どもたちが安心して遊べるようにしている。緑が増え景観も良くなる半面、宅配業者にとっては駐車場所に困るなど問題が起きている。

 荷物をマンションや団地に配送する際、地上に駐車場がなければ、地下駐車場に止めればいいと思うが、地下駐車場の入り口の高さが2・3メートルになっており、多くの宅配車両は高さが2・5メートルで中に入れないことが分かった。宅配業者は、車高を下げると関連コストがかかり、また業務処理量の増加などの理由でこれらのマンションへの配送を拒否し、対立が生じている。
今回、京畿道南楊州市のダサン新都市の一部のマンション・団地で発生した宅配問題を解決しようと、政府は「シルバー(高齢者)による宅配サービス」を提案したが、税金を使っての解決策には異論が噴出した。
国土交通部は19日、「宅配会社と入居者の仲介をするべく既存のシルバー宅配便を活用して、問題を解決しようとしたが、結果的に国民の不満を招いた」とし「国民世論を謙虚に受け入れることにした」と提案の白紙撤廃の方針を明らかにした。同部は、引き続き「マンション・団地内の宅配を拒否した場合、業者と住民の双方が自主的に解決策を見つけるよう政策の方向をまとめた」と述べた。
ダサン新都市の一部マンションの住民は、交通事故の危険性を防ぐため、宅配車両の敷地内への進入を許可しなかった。しかし、地下駐車場に入れないことで配送する品物をマンションの前に置く『宅配大乱』が起きた。
配送業者は広大なマンションの敷地内で荷物を直接運ぶことは物理的に不可能であるとしダサン新都市への宅配を拒否したり、荷物を入り口に放置した。このような事実は、SNSなどを介して伝えられ、社会的議論が起こった。国土交通部は仲裁案として、宅配業者がマンションの入り口に設けた拠点まで品物を搬送すると、シルバー宅配要員が住宅までカートなどを利用して再配送する案を提示した。
しかし、シルバー宅配は、コストの半分を政府と地方自治体が負担しており、「なぜダサン新都市の宅配問題の解決に国民の税金を使わなければならないのか」という批判が起きた。
「青瓦台国民請願サイト」もダサン新都市のシルバー宅配支援に反対する内容を上げ、2日間で20万人を超える人が参加した。請願提出者は、「宅配は、個人が私的に購入した物を配達して受けとるサービスだが、ここに公的費用が投入される理由はない」とし「シルバー宅配関連費用は全額、ダサン新都市入居者の管理コストでカバーされるべきだ」と主張した。
世論の硬化に伴い、国土交通部も追加の解決策に乗り出したが、同部の仲裁にもマンション入居者と宅配業者の間の意見がまとまらず、「当事者間の解決原理」を明らかにした。これによりダサン新都市の宅配問題は、住民と宅配業者が解決策を見つけなければいけない状況になった。

2018-04-25 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
社会主義への体制変更のため 安保と経...
朴槿恵大統領弾劾の「嘘と真実」
猛暑乗り切る カンタン家庭料理~食欲...
ヨンジョンの 毎日眞味<7> クラゲ...
今週の人言(ひとこと)
ブログ記事
「民和協」代表常任議長・金弘傑は労働党の対日工作の手先!
機務司令部の解体は南労党の末裔たちによる大韓民国建国70周年への報復
自由体制守護のため国民抵抗運動を宣布する!-NPKの声明
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
自由統一
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません