ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-10-11 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年04月25日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
アジア経済短信

中国第1四半期GDP、予想上回る成長
中国国家統計局によると、第1四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比6・8%増で、予想されていた6・7%を上回ったことが分かった。また、前期比の予想は1・5%増だったが、実際は1・4%の増加に留まった。特に堅調だったのは不動産投資で、1月から3月は前年同期比10・4%増となった。また、小売りの伸びも著しく、3月の小売売上高は予想の9・9%増を上回り、前年比10・1%増となった。国家統計局はこれらの結果を受け「国内の成長度合いにばらつきはあるが、第1四半期の成長が年間の成長目標達成に向け大きな足掛かりとなった」との見解を示している。
日スターツ、カンボジアにホテル開業
日本のスターツグループが今年10月、カンボジアの首都・プノンペンに、グループで初めての海外自社施工によるホテルをオープンする。ホテルは、プノンペン中心部の王宮近くで、メコン川とサップ川の合流するリバービューに位置する。大型商業施設もほど近く、観光とビジネス両面での需要が見込まれている。建物は地上19階建てで、240室の客室を完備。駐車場は乗用車57台が収容可能で、最上階にはレストランやジム、プールなども備えている。同社は2011年10月に現地法人「スターツ(カンボジア)コーポレーション」を設立。主に日系企業や駐在員を対象とした賃貸仲介事業を展開している。
韓国 外国人向けカジノ売上げ大幅増
韓国の外国人専用カジノの売上高が、全体で2047億8200万ウォンに達することが分かった。前年同期比で15・9%増加した。韓国カジノ業観光協会が明らかにした。韓国で外国人専用カジノを運営する企業は12社で、ソウル、釜山などで16店舗が稼働している。昨年は、THAAD配備に対する中国政府の経済報復によって業績が悪化したものの、日本人客が増加したことで売上高が上昇した。今年1月の日本人客数は4万2400人で前年同月比5・2%増加した半面、同月の中国人客数は8万9700人で3・2%減だった。

2018-04-25 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
【映画】『鈴木家の嘘』(日本)
米国を騙したと自白した文政権
文在寅大統領を「與敵罪」で告発
文在寅・主思派政権が右派のニューメデ...
傲慢な主思派政権への民心離反
ブログ記事
人生はリセットできない
精神論〔1758年〕 第三部 第7章 分別くさい人々に対する情熱的な人々の精神的 優位について
「民和協」代表常任議長・金弘傑は労働党の対日工作の手先!
機務司令部の解体は南労党の末裔たちによる大韓民国建国70周年への報復
自由体制守護のため国民抵抗運動を宣布する!-NPKの声明
自由統一
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません