ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-01-17 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2018年04月25日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
国家守護へ 自由右派が蹶起
「非常国民会議」150団体が参加、発起人2000人

人々で溢れる会場

 今月2日、ソウルのある食堂で右派人士9人の時局討論会が3週間後の20日、建国以来最大規模の右派市民連合体の「大韓民国守護非常国民会議(以下、非常国民会議)」に発展した。それほど文在寅主思政権の国家破壊への危機感は切迫した。個人発起人だけで2000人以上。左翼媒体の煽動に騙され魂が侵された国民を覚醒させるため、各界各層を代表する人々が立ち上がった。
ソウル・世宗文化会館での創立式と出廷大会には、全国から会場の収容能力を超える人々が雲集して熱気があふれた。太極旗を携えた参加者らはホールから溢れ、廊下や会館横の階段まで人で埋め尽くされた。この日の参加者は3000人程度とみられた。
朴寛用(元国会議長)、鄭起勝(元大法官)、崔聖奎(牧師)、徐之文(高麗大名誉教授)、金璡、李東馥など、政官界・法曹・宗教界・女性・言論・教育・北韓人権・青年などを代表する8人が共同代表に選出された。慮在鳳元総理、張淳国家元老会議議長、李鍾九元国防長官、徐貞甲国民行動本部長など13人の元老が顧問団を、そして参加団体長100人が非常諮問団として委嘱された。
発起人には金文洙ソウル市長候補など政治家をはじめ、実業家、大学教授と教師たち、外交官、予備役将軍、各分野の専門家、脱北者など多彩な人々が参加した。
共同代表の朴寛用元国会議長は「文大統領が共産主義者の申榮福を擁護するのは大統領としてあるまじき行為。北韓へのメッセージだ。執権勢力が国家を破壊している」、「文政権が自由民主主義を否定、社会主義体制や連邦制へ転換しようとしている。国民の意志を結集して国家のアイデンティティを確立し、国が真っ当な道へ進むようにする」と語った。
慮在鳳元総理は、6・25動乱以来の危機に直面した大韓民国を正常化しようと言った。沈在哲国会副議長は「非常国民会議を中心に国を護り抜こう」と訴えた。金文洙ソウル市長候補(元京畿道知事)は「韓国が今日、新しい希望への第一歩を踏み出した」と言った。
非常国民会議の抵抗意志が盛り込まれた決議文は、法治主義と自由民主主義秩序が破壊された現状を指摘し、青瓦台の任鍾晳秘書室長や主思派出身補佐官たちの解任を要求した。従北左翼勢力が支配しているメディアの正常化も決議した。
非常国民会議は、北核放棄を北韓住民の解放、反大韓民国改憲案の金日成主義者の大統領など政府要人たちの反省、放送の正常化、歪曲された歴史教科書を交替、脱原発政策破棄、公務員増員を中止、金命洙大法院長の辞退、文武一検察総長と尹錫悦ソウル中央支検長の辞退などを文政権に強く要求した。
非常国民会議には、「若年右派」の前衛を自任する大学別グループ「TRUTHフォーラム」が参加し、金ウング・ソウル大TRUTHフォーラム代表は共同代表として創立宣言文を朗読した。
非常国民会議は南北首脳会談の翌日(28日)、光化門一帯で連邦制策動粉砕・文政権退陣要求の大規模集会を計画している。

2018-04-25 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
暗雲立ち込める韓半島
韓国が真の先進国へと脱皮するために
韓国憲政史上最大の暗部 弾劾政変は国...
新しい韓国精神の誕生~「韓半島の未来...
第4次産業革命で変わる世界の産業勢力...
ブログ記事
反日種族主義を打破しよう
『韓国壊乱』のあとがき
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
自由統一
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません