ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-07-11 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2018年04月25日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
4.27南北頂上会談 現地の様子を先取り

 19日、南北頂上会談が開催される板門店の南側区域「平和の家」(写真上)では、リフォーム工事が急ピッチで進められていた。外部からの出入りが厳重に管理される中、建物内で工事を行う音が外部に響き渡っていた。この建物の2階がまさに、文在寅大統領と金正恩が頂上会談を開く場所だ。3階(2人が立っている写真の場所)は宴会場として演出される。

 青い建物の間に見える、幅50センチメートル、高さ5センチメートルのコンクリート製の建造物(写真左)は、南北を分ける軍事境界線だ。青い建物は軍事停戦委員会本会議場で、6月に行われるトランプ米国大統領と金正恩の会談場所として候補に挙げられている。もう1枚の写真(右)は、金正恩が移動する際の出発点、北韓側の板門閣から北韓軍の兵士3人が会議場側へ向かっている姿。
(19日=板門店・李民晧)

2018-04-25 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
日本人の私にとっての朴正煕⑤ 評論家...
米朝首脳会談の「隠れた顔」 
「清算対象」となった韓国の司法府 
Special Interview ...
大韓民国の建国と憲法を否定する「大統領令」
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません