ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-10-11 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年04月18日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 かつて、どこの小中学校にも置かれていた二宮金次郎の銅像が、どんどん姿を消しているという。歩きスマホを助長するという真偽の怪しい噂もあるようだが、最大の理由は、少年少女の労働は不適切、時代にそぐわないということである▼時代にそぐわない労働といえば、我々メディアの仕事もそれに入るのだろう。先月の末だが、こんな話があった。厚生労働省の東京労働局長が、メディアに問い詰められた際、「何なら、皆さんの会社に行って、是正勧告してもいいんだけど」と発言したのだ▼これが恫喝と受け取られた。確かに労働基準法を順守しているメディアなど皆無だろう。開き直るわけではない。過労死や激務を苦にした自殺、心身の消耗による病気など、あってはならない。だが、業種や企業規模によっては「働き方改革」など、すぐさまできるものではない▼韓国の成功神話を導いた企業経営者は、すべからく昼夜を問わず働いてきた。個人企業から始め、何人もの社員を雇うようになっても変わらない。社員もそうだった。それが「為せば成る」時代の精神だった。今もそうであると聞く▼在日韓国人の多くも、早朝から深夜まで働く親世代の背中を見て育ってきたに違いない。1世の時代とは比べものにならないほど生活が豊かになった現在も、それはDNAに刻まれているのだろう▼長時間労働、正規・非正規の格差、労働力不足などはすべて経済活動の活性化で是正を図るのが鉄則だ。失業者だけが増え続けるのは無策の現れだ。

2018-04-18 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
【映画】『鈴木家の嘘』(日本)
米国を騙したと自白した文政権
文在寅大統領を「與敵罪」で告発
文在寅・主思派政権が右派のニューメデ...
傲慢な主思派政権への民心離反
ブログ記事
人生はリセットできない
精神論〔1758年〕 第三部 第7章 分別くさい人々に対する情熱的な人々の精神的 優位について
「民和協」代表常任議長・金弘傑は労働党の対日工作の手先!
機務司令部の解体は南労党の末裔たちによる大韓民国建国70周年への報復
自由体制守護のため国民抵抗運動を宣布する!-NPKの声明
自由統一
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません