ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年04月11日 00:41
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
三重県で慰霊祭開く
名古屋総領事・民団三重などが参加

黙とうを捧げる参列者ら
 三重県の旧青山トンネルの工事に携わった韓国人と日本人の殉職者を供養する慰霊祭が3月21日、三重県中賀郡青山町伊勢路の近鉄旧青山トンネル殉職者供養塔前で行われた。駐名古屋大韓民国総領事館の朴裕成領事をはじめ、殷慶基・民団三重県本部団長や山口久彦・三重県日韓親善協会会長ら27人が参列した。
現近畿日本鉄道の前身である参宮急行電鉄株式会社は1928年から30年代にかけ、三重県白山町から青山町までを結ぶ旧青山トンネルの掘削工事を行った。工事中に犠牲となったのは、朝鮮人8人と日本人8人の計16人で、このうち日本人4人については現在もなお身元不明のままだ。
慰霊祭では、参列者による献花に続き、犠牲者らに黙とうを捧げた。また、善福寺の住職らによる読経も行われた。
式中行われた経過報告では、同本部の尹拓根組織部長がトンネル工事の概要や身元確認までの経緯などを説明。さらに「今年は本団の創団70周年で、韓日国交正常化53周年でもある。先人達の苦労の上に今日があることも理解している。現在の韓日関係は困難な状況だが、互いに力を合わせ、両国がさらに明るい未来を構築することを祈願する」と述べた。
この日は、近畿日本鉄道株式会社・名張列車区首席助役の木曽敏行氏、同社名張保線区長の神谷数哉氏らも出席した。

2018-04-11 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません