ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年04月11日 00:38
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
各地で ダイジェスト

◆SJC藤吉理事長が李大使を表敬訪問
【東京】
ソウル・ジャパンクラブ(SJC)の藤吉優行理事長は3月30日、駐日韓国大使館を表敬訪問し、李洙勲大使と面談した。
ソウルジャパンクラブは、韓国に進出している日系企業の会。同会メンバー企業のうち、インターンシップの実施を希望する企業で韓国の大学生が1カ月間実習を行う「インターンプログラム」を実施している。2015年から2017年にかけては、韓国駐在の日系企業53社で、韓国の若者87人が実習を行った。
李大使は面談で、同会のインターンプログラムや社会貢献活動などを高く評価したほか、韓日両国における経済協力の強化について意見を交わした。
李大使は「インターン実習プログラムは、韓国の若者が日本企業に就職する上で大変役に立っている」と述べ、韓国の若者の採用に対する関心を呼びかけた。
◆歴史資料館土曜セミナーで“征韓論”
【東京】
在日韓人歴史資料館は7日、同館で土曜セミナーを行った。今回で第106回目。「明治維新と征韓論」をテーマに、東海大学の吉野誠名誉教授が講師を務めた。
セミナーでは、征韓論が高揚した明治初期から現代までを振り返り、征韓論に基づく思想と、幕末維新の時期に征韓論が叫ばれた理由などについて検証された。
◆平昌五輪川柳 受賞作品を発表
【大阪】
駐大阪韓国文化院は5日、同院SNS上で、「2018 平昌冬季オリンピック・パラリンピック川柳コンテスト」の入賞作品を発表した。
最優秀賞は、ペンネーム「mizutama」さんの「キラキラの 汗も選手も輝いて」が受賞した。また、女子スピードスケートをテーマにした作品「友情の なおとサンファ リンク駆け」(ペンネーム 還暦公務員さん)も奨励賞に輝いた。
同コンテストは、3月12日から18日にかけ、同院ホームページ上で作品の募集が行われていた。

2018-04-11 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません