ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2018年04月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「魔女狩り」の「人民裁判」
「ロウソク政権」が操るメディアは重刑が当然

SNSの世論は文政権の残忍な行動に怒り

 韓国の司法府が、野蛮的全体主義暴政との連邦制を推進する文在寅政権に屈服、協力し自ら法治を抹殺している。ソウル中央地裁は4月6日、朴槿惠前大統領に対する一審判決で懲役24年と罰金180億ウォンを宣告した。直接的物証なしの「魔女狩り」で「人民裁判」だった。そしてソウル中央地検は4月9日、もう一人の「積弊」の李明博元大統領を賄賂と横領の容疑で拘束起訴した。韓国で逮捕された前職大統領4人は皆、左翼政権によって追及された右派大統領だ。

ソウル中央地裁に集まった朴前大統領の支持者たち(写真=連合ニュース)
 ソウル中央地裁の刑事合議22部(金世潤裁判長)は、朴槿惠前大統領に対する控訴事実18項目のうち16を有罪と認めた。朴前大統領は政治報復裁判だとして裁判を拒否、国選弁護人の接見も拒否し、宣告裁判にも出席しなかった。宣告裁判は被告の反対を黙殺し、テレビで中継された。
裁判部は先月、共犯とされた崔ソウォン(崔順実)被告の宣告した同額の罰金を言い渡した。検察と裁判所は、朴前大統領と崔ソウォンを「経済共同体」にした。内乱扇動の反逆事犯(李石基)には懲役9年を宣告し、一銭も受けとらず、何一つ物証もない朴前大統領を人権蹂躙の不法拘束裁判の末、有罪とした。
朴大統領に対する重刑は予定されたものだ。検察と裁判所は、憲法が保障する被告人の防御権を徹底的に無視、朴大統領の弾劾を触発させたタブレットPCに対する証拠調査も排斥した。拘束を不法に延長しても、有罪の立証が困難だった検察は、「黙示的請託」の情況証拠を作りだした。
文在寅政権は、彼らのクーデターを正当化するため何があっても朴槿恵前大統領を有罪とする方針を決めた。そのため、サムスン電子の李在鎔副会長とロッテグループの辛東彬会長など財界はもちろん、国情院長や軍の重要幹部など前政権の要人たちも無差別に逮捕し捜査を拡大させてきた。
朴前大統領の国選弁護人団は「独立代理権」を行使して控訴する方針だが、朴大統領が応じるかは不明。
ところで、韓国で退任後逮捕された4人の前職大統領は皆、司法権力が左翼政権に屈服したためだ。右派の大統領たちは前任大統領たちを逮捕しなかった。巨額の政治資金や失政の金泳三、情報機関を利用して敵(金正日)に核開発資金を送った金大中、本人や家族の賄賂など不正が発覚した盧武鉉は逮捕されなかった。文在寅は今、逮捕を避けて自殺を選択した盧武鉉元大統領の復讐をしていると言われる。盧元大統領の家族の650万ドル収賄件は時効の成立を待った。
法治の根幹を破壊した元凶は金泳三だ。彼は憲法が禁じた遡及立法を通じて、全斗煥・盧泰愚元大統領を逮捕した。それで、従北左翼勢力の「大韓民国建国否定」闘争のレールを敷いた。文在寅政権などの明白な憲法と国家保安法蹂躙を立件する検事は現れなかった。
一方、宣告日にソウル中央地裁近くは朴前大統領の支持者たちの怒りがあふれた。ソウル中央地裁一帯は、千万人無罪釈放運動本部の第50次太極旗集会と、保守団体らが集会を開いた。
大韓愛国党と千万人無罪釈放運動本部は「司法が直接証拠もなしに、国民を愚弄し、不法弾劾勢力の手をあげた」とし、「偽のロウソクと司法の政治報復判決に対する国民不服と国民抵抗」を宣言した。
「ロウソク政権」が操る多数のメディアは朴前大統領への重刑を当然と報道しているが、SNSなど世論は文政権の残忍な行動に怒りを表している。

 

2018-04-11 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
社会主義への体制変更のため 安保と経...
朴槿恵大統領弾劾の「嘘と真実」
ヨンジョンの 毎日眞味<7> クラゲ...
自営業者が窮地に
今週の人言(ひとこと)
ブログ記事
「民和協」代表常任議長・金弘傑は労働党の対日工作の手先!
機務司令部の解体は南労党の末裔たちによる大韓民国建国70周年への報復
自由体制守護のため国民抵抗運動を宣布する!-NPKの声明
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
自由統一
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません