ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年04月04日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱―134―

新案特許(五)

柳根瀅
高徹・訳/馬瑞枝・画

 「私どもが何も知らずに滅相もないことをいたしました。何卒、少し中にお入りくださいまし。製造元もお教えします。先ほどうちの若いもんが分別もなく失礼をば申しまして、平にお許し願います」
「うん、若いもんは分別がなくそうしたとしましょう。それじゃ、あなたたちは分別がありながら暴言を吐いたんだね。この場は、あなたたちからこんな侮辱を受けながらも立ち去るが、この恨みは必ず法廷で晴らしますからね」
「どうか、製造元をお知らせいたしますから、私どもだけはお目こぼしのほどを」
 仕方なく中へ入った。主人夫婦の勧める茶を一杯飲んでいると、次に中華料理を出された。
「時間も時間ですので、お昼はうちでなさって下さいまし」
「ありがたいが、私は中華が好きでありません」
「さようでしたら、朝鮮料理はいかがでしょうか」
「私はいつも昼食は食べないから気を遣わないで欲しい」
「そんな素っ気ないことをおっしゃられますと、どうしてよいやら……」
と言って両手を揉んだ。
「そうそう。先ほどお買いになった腰帯飾りをお返し下さい。お宅でもお作りになるのに、そんなものは何もならないでしょう。お代もお返しいたしますので」
主人は金を出した。
「領収証も返していただけますか」
「私が告訴でもすると思っているんでしょう」
「とんでもございません。要らないものでしょうから、いただいておこうと思いまして」
「告訴しないと言ったでしょう。私は一度、口にしたことは守る性分でね。安心して下さい」
「はい、ありがとう存じます。ここに、作った人の住所氏名があります。どうぞお受け取り下さい」
日本国大阪市西区順慶町◯◯番地の中村平とあった。私はすぐに家へ帰った。
即座に中村平に内容証明を送った。
「新案登録第〇〇号、朝鮮女子用腰帯装飾を貴下が模造・製造・販売されたゆえ、莫大なる損害を被っている。半製品と機械を当方へ送り、大阪毎日新聞と朝鮮、東亜日報の二紙に一か月間謝罪広告を出されたし。この内容証明を受けた日より四日以内に何らの回答なき場合は、特許法第二六条により親告罪にて告訴する」
というようなものだった。
回答が日本から期日内に届いた。内容証明は三浦弁護士名義となっていた。
「貴下が作られた朝鮮女子用腰帯装飾が新案登録を取得した事実をまったく知らなかった。貴下がお望みの三紙に一か月間謝罪広告を出せとのことは、自殺せよと言うに等しい。現在残品はなく、機械を送れと言われるなら、お送りします」

2018-04-04 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません