ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年04月04日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
各地で ダイジェスト

◆東アジア文化都市 金沢で異文化体験
【金沢】
韓・日・中の3カ国が文化芸術分野で交流する「東アジア文化都市」が、3月2日から金沢市内で開催されている。「東アジア文化都市」は、各都市の文化的な特徴を生かしつつ、東アジア地域の相互理解と連帯感の形成を促進することを目指して開催されている。今年は韓国の釜山、日本の金沢、中国のハルビンが選定され、各国で互いの文化芸術に関する事業が進められている。3月24日に開かれたオープニングイベント「東アジア見る・知る・感じる!」では、大阪韓国文化院による韓国伝統舞踊やサムルノリなどのステージパフォーマンスが行われ、客席を沸かせた。会場には工芸体験ブース「日中韓の技・まるごと体験横丁」や飲食ブース「アジアまんぷく横丁」、展示・体験ブースなども設置され、終日多くの人で賑わった。同日はまた、中村記念美術館・旧中村邸で「日中韓茶会」も開かれ、3カ国それぞれの礼式による茶席を三席連続で巡った。
◆民団大分三機関長 福岡総領事館訪問
【福岡】
駐福岡韓国総領事館(孫鍾植総領事)は3月22日、民団大分県本部の三機関長ら幹部と、各支部団長、婦人会幹部らを公邸に招いて午餐会を開いた。総領事館からは要燮副総領事と朴璟炫領事、趙一中専任實務官が同席した。
◆朝鮮通信使ユネスコ登録祝い講演会
【岡山】
瀬戸内市などは3月24日、同市牛窓町の公民館で、朝鮮通信使のユネスコ世界記憶遺産登録を祝した講演会を開いた。講演会に先立ち、チャンゴの舞台も披露された。会場では、世界記憶遺産登録のための資料選定を担当した岡山大学の倉地克直特任教授が「ユネスコ記憶遺産に登録された朝鮮通信使」をテーマに講演を行った。

2018-04-04 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません