ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年04月04日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「金二泰夫妻185歳を祝う会」大阪のホテルで開催

 「金二泰・李多秀夫妻185歳を祝う会」が3月31日、大阪市中央区のホテルで開かれた。30人余が集い、夫妻の長寿を祝福した。
東京から駆け付けた民団中央本部顧問の辛容祥氏は、「夫婦の長寿を祝う集いは珍しい。金二泰氏は私より三つ下だが、健康面では私よりずっと若い。私たち夫婦は合わせて176歳だ。これから先の190歳、200歳の長寿の祝いが開催できることを楽しみにしている」と述べた。
駐大阪総領事館の河泰允総領事も「健康や長寿の大切さ、人生についてなど多くのことを学んだ。その答えは、金二泰顧問の姿そのものにあることを知った」、乾杯の音頭をとった金海金氏宗親会の金昌植会長は、「民団組織のために尽くしてきた人で、多くのことを教えてもらった。3年前に老人会(大韓老人会日本連合大阪支部)に入れといわれたときは、私は若いつもりでいたから、とんでもないと断った。が、私も老人といわれる年であることに気付いた」などと述べた。
花束や記念品の贈呈があり、参加者有志から多くの祝福を受けた96歳の金二泰氏は、「日々、健康管理に努めているが、一番大切なことは食事だ」と述べ謝意を表した。(大阪=韓登)

2018-04-04 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません