ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年03月28日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 内山深さん(内山書店店長)
「本を通してアジアの情報提供」

在日関連の本も多い
 内山書店は、日本でも知られた中国専門書店。1917年、中国上海に、魯迅と親交のあった内山完造氏が日本人向けの書店を開業。その後、35年に東京・祖師ヶ谷大蔵に中国図書専門書店を開業、68年に現在の東京・神保町に社屋を移した。100年の歴史を誇る。
アジア関連の出版物を取り扱うようになったのは2010年、内山深さんが責任者になってから。アジアの本を専門に取り扱う書店「アジア文庫」を経営統合したのがきっかけだった。
「もともと弊社ビルの5階にアジア文庫があったのですが、代表の大野信一さんが他界された。アジアの本の専門店は、当時はめずらしく、多くの読者から愛された書店でした」
大野さんのご家族の要望もあり、内山書店が引き継ぐことになった。いまでは韓国、北韓関係の書籍、雑誌など約800冊が書棚に並んでいる。韓国文学、歴史、旅行に関する書籍から、在日同胞関連、北韓に関するものまでズラリと並ぶ。
「芸能関係の本は取り扱っていませんが、それ以外のものであれば、お探しの本がきっと見つかると思います」
一般の書店では、ジャンルで本が仕分けされているが、国で分けられているので探しやすい。韓国関係では在日同胞関連の本が特に売れるとのこと。
「欧米に比べると、昔からアジア関係の情報は少ない。本を通してそれらを提供するのが当書店の使命だと思っています」

2018-03-28 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません