ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-10-11 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年03月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 暉峻 創三さん(「大阪アジアン映画祭」プログラミング・ディレクター)
「朴烈」力強い人間観察力

映画評論家でもある
 今年の「大阪アジアン映画祭」でオープニング作品に選ばれたのは、韓国映画「朴烈 植民地からのアナキスト」だった。日本初上映。民団中央本部の初代団長だった朴烈の記憶は、在日同胞社会では風化しているのに、韓国でよみがえったのには驚きだ。
「日本人が悪役というのが韓国映画の一般的パターンだったが、『朴烈』は、日本人であれ韓国人であれ、人間として平等に描いている。監督の人間観察力にも深いものがある。この作品をオープニングに選ぶことに危惧もあったが、市民の良識がまさっていたようで、これといった問題は起きなかったし、むしろ映画ファン以外の人も見にきてくれていた」
「大阪アジアン映画祭」は2005年、日韓国交正常化40周年を記念して大阪市などが主催し、「韓国エンターテインメント映画祭2005in大阪」として開催。第2回から「大阪アジアン映画祭」と改称し、韓国のほか香港、中国、日本など東アジアの作品に拡大された。第4回から、東京在住の映画評論家でもある暉峻さんがプログラミング・ディレクターとして招聘され、資金も大阪市のみならず、国や海外に求めるなどして飛躍的に拡大した。
「かつての映画祭は欧米の作品が中心で、アジア映画は話題にものぼらなかったが、最近はすばらしい作品が多く、有名な国際映画祭でも上映されるようになった。韓国や香港、台湾などの映画は商業公開されているが、近年は東南アジアの作品にも見るべきものが多くなっている」

2018-03-21 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
【映画】『鈴木家の嘘』(日本)
米国を騙したと自白した文政権
文在寅大統領を「與敵罪」で告発
文在寅・主思派政権が右派のニューメデ...
傲慢な主思派政権への民心離反
ブログ記事
人生はリセットできない
精神論〔1758年〕 第三部 第7章 分別くさい人々に対する情熱的な人々の精神的 優位について
「民和協」代表常任議長・金弘傑は労働党の対日工作の手先!
機務司令部の解体は南労党の末裔たちによる大韓民国建国70周年への報復
自由体制守護のため国民抵抗運動を宣布する!-NPKの声明
自由統一
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません