ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-04-19 09:58:02
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年03月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 暉峻 創三さん(「大阪アジアン映画祭」プログラミング・ディレクター)
「朴烈」力強い人間観察力

映画評論家でもある
 今年の「大阪アジアン映画祭」でオープニング作品に選ばれたのは、韓国映画「朴烈 植民地からのアナキスト」だった。日本初上映。民団中央本部の初代団長だった朴烈の記憶は、在日同胞社会では風化しているのに、韓国でよみがえったのには驚きだ。
「日本人が悪役というのが韓国映画の一般的パターンだったが、『朴烈』は、日本人であれ韓国人であれ、人間として平等に描いている。監督の人間観察力にも深いものがある。この作品をオープニングに選ぶことに危惧もあったが、市民の良識がまさっていたようで、これといった問題は起きなかったし、むしろ映画ファン以外の人も見にきてくれていた」
「大阪アジアン映画祭」は2005年、日韓国交正常化40周年を記念して大阪市などが主催し、「韓国エンターテインメント映画祭2005in大阪」として開催。第2回から「大阪アジアン映画祭」と改称し、韓国のほか香港、中国、日本など東アジアの作品に拡大された。第4回から、東京在住の映画評論家でもある暉峻さんがプログラミング・ディレクターとして招聘され、資金も大阪市のみならず、国や海外に求めるなどして飛躍的に拡大した。
「かつての映画祭は欧米の作品が中心で、アジア映画は話題にものぼらなかったが、最近はすばらしい作品が多く、有名な国際映画祭でも上映されるようになった。韓国や香港、台湾などの映画は商業公開されているが、近年は東南アジアの作品にも見るべきものが多くなっている」

2018-03-21 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
民団地方本部 三機関長など改選
★★新連載★★ ヨンジョンの 毎日眞...
文政権の改憲案 社会主義への変革を狙う改憲
在日系高校 大学合格率の高さに注目
各民団で委員会と大会開催
ブログ記事
「世間」とは誰か
経済の「理論」と現実
国連、北韓関連船舶27隻、企業21社、企業人1人を追加制裁
トランプはうまくいかなかったら席を蹴ろ!
‘金大中の妻のための法’
自由統一
미리 가본 4.27남북정상회담 현장
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...
金正恩・習近平会談後 増加する脱北者...
平壌では韓国芸術団公演
南北首脳会談 今月27日に開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません