ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-07-19 07:05:48
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年03月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
都市の物価ランク ソウルは前年と同じ8位
英EIU調べ

 英国の週刊誌エコノミスト傘下の経済分析機関「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」(EIU)は15日(現地時間)、「世界の生活費」(Worldwide Cost of Living 2018)について報告書を発表した。報告書によると、ソウルは調査対象133都市のうち、スイスのジュネーブとともに6位にランクされた。ソウルの順位は前年と同じだった。
EIUは、米国・ニューヨークの物価を基準点の100とし、食品、衣料、住宅、交通、学費など160以上の商品とサービス価格を反映した「世界生活費指数」(WCOL index)に基づいて都市の物価をランク付けした。
シンガポールが5年連続の1位。2位はフランスのパリ、3位はスイスのチューリッヒ。ニューヨークはドル安の影響で昨年より4ランク下がり、13位に。
EIUは、ソウルの「買い物カゴ」物価がニューヨークより50%ほど高いと分析した。物価比較項目のうちパン(1キロ)をみると、ソウルの平均価格は15・59ドルとなり、シンガポール(3・71ドル)、パリ(6・33ドル)など、ほかの生活費上位都市よりもはるかに高かった。
一方で20本入りブランド・タバコの平均価格は、ソウルが3・94ドルとなり、シンガポール(9・6ドル)、パリ(9・29ドル)、チューリッヒ(9・4ドル)、香港(7・29ドル)と比較し、低かったという。
EIUは「13年まで、世界で最も物価が高かった東京は、低いインフレ率のおかげで過去1年間で7ランクダウンし、上位10都市から圏外に。5年前に21位だったソウルは6位に上がった」と説明した。

2018-03-21 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「清算対象」となった韓国の司法府 
大韓民国の建国と憲法を否定する「大統領令」
文在寅政権の正体 建国節論難と国家解体
韓米演習中断 駐韓米軍の戦力弱化へ
文在寅政権への米国の警告
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません