ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-12-12 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年03月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
民団大阪 三機関長選 団長選挙は熾烈な一騎打ち 

 24日に開かれる民団大阪本部の第57回定期地方大会で、任期満了に伴う新三機関長が選出されるが、立候補者の合同演説会が17日、同本部で行われた。(大阪=韓登)

合同演説会のもよう
 団長には、現副団長の李龍権氏と、現顧問の呉龍浩氏の2氏が立候補した。議長には現議長の朴道秉氏、監察委員長には現副団長の金明弘氏が立ち、それぞれ単独候補となった。
記号1番の李龍権氏は民団生野支部3階(生野区鶴橋4丁目)に事務所、記号2番の呉龍浩氏は生野区今里筋(生野区中川2丁目)に事務所を構え、一騎打ちの熾烈な戦いを繰り広げている。
合同演説会当日に配布された広報名刺をみると、李龍権氏は記号1番、顔写真、氏名、選挙事務所の住所を刷り込んだだけで、裏面は無地の普通の名刺タイプだった。
呉龍浩氏の広報名刺は、やや大型で記号2番、顔写真、氏名、選挙事務所のほかに、「活力ある民団の再生と新しい民団の創造をめざします」「ファイティング!民団」、選挙公約「1、支部活性化を最優先」「2、だれもが活躍できる組織改革」「3、多文化共生社会の実現」「4、民族教育と青少年・オリニ支援」「5、組織の原点に立ち、団員奉仕」、裏面には組織経歴、現役職、表彰・受賞歴を刷り込み、東大阪市教育文化振興功労賞代表受賞(在日韓国人初)などをアピールしている。

関連記事 http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=84334&thread=04

 

2018-03-21 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓国観光公社 KOREA MICE ...
司法を政治に従属させるクーデター
南北政権打倒に向け韓日有志が連帯
金正恩の韓国に対する最終攻勢本格化
「積弊」とされた元機務司令官が抗議自殺
ブログ記事
『韓国壊乱』のあとがき
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
自由統一
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません